2006年3月30日 (木)

ソフトバンク、おとくラインを巡る訴訟で平成電電に勝訴

ソフトバンクは30日、平成電電がソフトバンクおよび日本テレコムに対して起こした訴訟に関して、東京地方裁判所で勝訴判決を受けたと発表した。

 この訴訟は、平成電電と日本テレコムがそれぞれ運営する直収電話サービスに関するもの。平成電電は「平成電話(現在のCHOKKA)」という名称で2003年4月2日に直収電話事業を開始しており、日本テレコムも2004年5月のソフトバンクによる買収ののち、2004年12月から直収電話「おとくライン」を開始した。

 平成電電では日本テレコムのおとくラインに対し、「ソフトバンクと進めていたCHOKKA買収交渉の際に取得した平成電電の営業秘密を利用した」と主張。ソフトバンクが買収における秘密保持契約違反と不正競争防止法の不正競争行為に該当するとしたほか、日本テレコムに対しても営業秘密の転得使用行為に該当すると指摘。おとくラインの販売差し止めを求めて2004年11月29日に東京地方裁判所へ提訴しており、これに対してソフトバンクでは「原告の主張する情報の開示や利用事実はない」との姿勢を見せていた。

 東京地方裁判所は3月30日、「原告の請求を棄却」「訴訟費用はすべて原告負担」と、ソフトバンクの主張を認める判決を下した。ソフトバンクでは「主張の正当性が認められたものであり、妥当な判断の結果」とコメントしている。平成電電では「我々の訴えが棄却したという事実は確認したが、まだ判決文の内容を確認していない。判決文を確認した上で今後の方針を検討していく」とした。

 なお、平成電電は2005年10月に、約1,200億円の負債を抱えたとして民事再生法の適用を申請。事業は継続していくとの姿勢を示しており、平成電電の支援スポンサーとしてドリームテクノロジーが決定している。

(私見)

ボーダフォンを買収して、勢いついたのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

日本テレコム、平成電電コミュニケーションズの「マイライン」営業権を取得

日本テレコム(倉重英樹社長)は3月23日、ドリームテクノロジーズ(池田均社長)子会社の平成電電コミュニケーションズ(池田均社長)から、マイライン事業の営業権を約75億円で取得すると発表した。

 平成電電コミュニケーションズのマイライン(電話会社事前登録制)登録者数は約30万件。平成電電は05年10月、業績低迷から東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請、06年1月にドリームテクノロジーズが支援企業として再建に乗り出していた。日本テレコムは今回の営業譲渡を受けることで、固定電話利用者を拡大する狙い。必要な許認可などを取得後、4月中をめどに譲渡を完了する。

(私見)

日本テレコムがお得になるってことだねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

スカイプ、050番号での着信が可能な「SkypeIn」を日本国内で提供開始

スカイプ・テクノロジーズは、P2P電話ソフト「Skype(スカイプ)」で一般の固定電話や携帯電話からの通話が着信可能な「SkypeIn(スカイプイン)ベータ版」の日本国内での提供を開始した。

料金は3カ月契約が1,500円、12カ月契約が4,000円。

 SkypeInは、固定電話や携帯電話からの着信をSkype上で受けることが可能なサービス。日本では、SkypeInの申し込み時にフュージョン・コミュニケーションズの050番号が割り当てられ、同番号への着信をSkype上で受けられる。また、すでにフュージョンの050番号を取得している場合には、同社のWebサイトなどから手続きを行なうことで、既存番号でのSkypeInの利用が可能だという。

 同サービスでは、フュージョンの「FUSION IP-Phone“Multi-Gateway for Skype”」を利用。SkypeIn番号への通話料金は、各通信事業者が設定するFUSION IP-Phoneへの通話料金が適用されるほか、フュージョンのVoIP基盤網を利用したIP電話サービスのユーザーであれば、SkypeIn番号への通話料金は無料になる。

 SkypeInは固定電話や携帯電話などからの着信を受けるためのサービスで、SkypeIn番号を利用した発信は行なえない。なお、Skypeから固定電話などへの発信が可能な「SkypeOut(スカイプアウト)」利用時には、スカイプ社が設定した通話料金が適用されるため、SkypeInとの通話料金設定とは異なる。

 日本でのSkypeInサービス対象は、日本国内に在住しているユーザー。利用料金は、3カ月契約が1,500円、12カ月契約が4,000円。また、ボイスメールサービスを無料で利用できる。なお、SkypeInが利用可能なSkypeのバージョンは、Windows版が1.2.0.37 以降、Macintosh版が1.0.0.15 以降、Linux版が1.0.0.20 以降、Pocket PC版が1.1.0.4。

(私見)

Skypeでの一般電話との発着信が可能になるってことは、他の電話会社にとってはかなり脅威ですよね。

だってだって、

電話番号の取得も30分もあれば取得できるし、住所の申請や本人確認も
不要だし、サービス料金も格安なんですよ!?

これはすごい。。

利用したい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

コレガ、スカイプを操作できるUSBハンドセット「CG-USBPH01」

コレガは、スカイプに対応したUSBハンドセット「CG-USBPH01」を2月2日に発売する。標準価格は4,200円。

crg01s CG-USBPH01

 CG-USBPH01はUSB 1.1に対応し、PCのUSBポートに接続してスカイプを利用できるハンドセット。また、添付のCD-ROMからスカイプ対応のAPIをインストールすることで、ハンドセットからダイヤルや音量調節、スカイプの呼び出しといった操作が可能になる。

 本体サイズは45×18×112mm(幅×奥行×高)、重量は48gで、OSはWindows XP/2000に対応。エコーキャンセルやノイズリダクションといった音質向上機能を備え、着信は内蔵スピーカーで通知する。

(私見)

スカイプってサービスは知ってるけど、実はこの方一度も使用したことがない。。

今回のCG-USBPH01ってデザイン的に女の子にうけそうな形・色だと思う。(少なくとも私にはかわいく見える)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

NTT西日本でも、「ひかり電話」向けの無線LAN対応IP電話機を販売

wi-100hc

NTT西日本は、IP電話サービス「ひかり電話」向けの無線LAN対応IP電話機「ひかりパーソナルフォン WI-100HC」を1月16日(月)から販売する。NTT東日本が2005年11月から販売している製品と同じだ。価格は17,850円。

大きさは43mm(幅)×20mm(奥行き)×130mm(高さ)で、重さは約102g。携帯電話と同等。利用するには、別途、対応するルータと専用の無線LANカードが必要。「追加番号(マイナンバー)」や「複数チャネル(ダブルチャネル)」などのオプションサービスも利用できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)