2006年6月13日 (火)

闘病記700冊データベース化 ネットで無料検索

がんや脳疾患などの患者やその家族の体験記をデータベース化した「闘病記ライブラリー」(国立情報学研究所・高野明彦教授)が12日からインターネットによる無料検索サービスを始める。700冊を57病名に分類し、病名ごとにネット上の本棚で表紙や概略を見て検索できる。高野教授は「今後は各地の図書館の横断検索とのリンクを考えていきたい」としている。

 同ライブラリーは、図書館司書や医療従事者が選書した700冊でスタート。今後も増やしていく。「がん」「脳の病気」「心の病気」など12ジャンルに大分類されたトップページをまず選択すると、「乳がん」「脳卒中」など病名に小分類された本棚が表れる。本の背表紙をクリックすると、著者、出版社、目次などが画面上に出る。また医療従事者らがつくった概略や解説もあり、著者の性別や年齢、生死などの情報が得られる。古書店が運営するウェブや治療法、病院名を紹介する医療情報のホームページと違い、より詳細で自分に近い「生活情報」を探すことができる。

 作製のきっかけは、図書館などに闘病記専用棚の設置運動をしている「健康情報棚プロジェクト」の石井保志代表が、高野教授に働きかけたことだ。石井さんによると、闘病記は、患者が病気になったときに、医学専門書と同時に参考にすることが多い。しかし、書名では何の疾病か分からない本もあり、図書館の中には文学やノンフィクションの棚にばらばらに並べられているため、探しづらいという。

 同ライブラリーは、http://toubyoki.info/

(私見)

自分が病気になったときに、図書館で本を探すのはちょっと人目が気になって気が引ける。そういう時にこんな本棚があればちょっと心強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

気持ちを光で表現する「言花(KOTOHANA)」を共同開発

NEC、NECデザイン、日本SGIの3社は3月3日、人の感情をLEDの光色で表現するフィーリング・コミュニケーター「言花(KOTOHANA)」を共同開発したと発表した。

 KOTOHANAは、花形の端末にLEDとマイクを組み込んだもので、2つの端末がセットになっている。端末のマイクで入力された音声の感情を解析し、発話のリズムから「喜びは黄色」「哀しみは青色」「平常は緑色」「興奮は赤色」といった具合に、色の変化で感情を表現する。端末同士は無線LAN等により接続されることを想定しているので、離れたところでも話者の気持ちが分かるという。

 感情認識には日本SGIが事業提携しているエイ・ジー・アイと共同開発した、感情認識エンジン「ST:Sensibility Technology、感性制御技術」を応用したものが採用されている。

 今回の共同開発モデルは、感情認識の効果を実証するためのコンセプトモデル。STはKOTOHANAに接続されたパソコンに組み込まれ、マイクによって音声を入力している。同モデルは3月6日から15日までドイツのハノーバーで開催される「CeBIT」に出展される予定だ。

(私見)

2006年3月の記事ですがコメントをいただいた熱都力学:朝火様のブログを覗いた際に、面白いものを発見したので記事にさせていただきました。

「ありがとう」といっても、興奮して怒っている場合は赤だと相手に伝わったら。。。おぉ本心のコミュニケーションになるってことか。

時と場合によって使い分けると、これはいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

手の中に「考える人」…西洋美術館 ユビキタス化

東京・上野公園の国立西洋美術館が、電子タグを利用した「ユビキタス化」に乗り出す。

 ロダンの「考える人」やモネの「睡蓮(すいれん)」などにタグを取り付け、来館者が専用の読み取り機をかざすと、動画を含む作品情報を見ることが出来るようになる。お気に入りの作品の画像を自分のパソコンに取り入れバーチャル美術館を構築することも可能だ。今秋から一部作品でサービス開始予定で、同美術館は「手元で動画ガイドを見られる美術館は、世界でも例がないのでは」と話している。

 計画では、同美術館の全収蔵品約5000点に、坂村健・東大教授が中心となって開発した「ユーコード」と呼ばれる特殊なタグを装着。来館者に貸し出される読み取り機を近づけると、作品名や作者名、作品の大きさや重さといった基本情報や解説などが瞬時にデータベースから送信される仕組みだ。

 またNHK関連会社の協力を得て、NHKの持つ美術関連の映像を利用し、作品や作者をとりあげた複数パターンの動画ガイドも提供する。ゴールデンウイークには、美術館前庭のロダンの3作品で一般客も試すことができる。

 これまでロダンの作品については、作品の前に掲げてある作家名などの基本情報のプレートと、館内の簡単な解説しかなかったが、新システムでは、確認されているだけで世界に21ある「考える人」像や、ロダンの葬儀の様子などの画像も、読み取り機で見ることができるようになる。

 さらに、読み取り機で好きな作品をチェックし、帰る際にパスワードをもらうと、お気に入りの作品を並べた自分だけの美術館を自宅のパソコンで楽しめる。読み取り機を使って、好きな作品を絵はがきやポスターに印刷できる「オンデマンド(注文対応)印刷」システムも館内に設ける予定だ。

 ユビキタス化は、煩雑な収蔵品管理が簡単になるなど、美術館側にもメリットが大きいという。

 青柳正規館長は「作品と先端技術の融合が生み出す美術館の新しい楽しみ方を満喫してもらいたい。敷居が高いといわれる美術館が親しみやすくなれば」と話している。

(私見)

某美術館では手元でガイド、ではなく音声でガイドをしているところがあった。(有料(確か200円))

植物園とか、水族館にもあるといいなぁ。

「お気に入りの作品の画像を自分のパソコンに取り入れバーチャル美術館を構築することも可能」ってこれはすごいと思う。画期的だ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンション見学者など8100人分、ネットに情報流出

東京都内の新築マンションの見学者など約8100人分の個人情報がインターネット上に流出していたことが11日明らかになった。宣伝にかかわった名古屋市の広告会社「アイ・アンド・キュー アドバタイジング」のパソコンから、ファイル交換ソフト「ウィニー」を介して流出したらしい。

 同社によると、流出したのは三菱地所など4社が手がけたマンションの見学者の名簿。名前や住所、勤務先、家族構成などが書かれており、約1000人分は年収も記載されていたという。

 名簿の入った社有のパソコンに社員がウィニーを導入したため、情報が流出したらしい。

(私見)

使い方によってはとても便利なツールだけど、最近悪評の方が目立っている気がする。。。

ファイルの交換者同志が分からないのも、メリットではあるけれど最近のニュースを見るとかえってそれがデメリットになっていると思う。

便利なツールでも、使用者によってこんなに評価が違ってきちゃうんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月31日 (金)

京大やNTTなど、ネット経由で20言語の翻訳自在に

情報通信研究機構と京都大学、NTTコミュニケーション科学基礎研究所などは、世界の20言語を自在に言い換える翻訳システムを3年以内に開発する。各言語の電子辞書や翻訳ソフトをインターネット経由でつなげ、コンピューター画面に入力した文章を必要な外国語に訳す。

 外国人患者を診る医師や海外で活動するボランティア団体向けの通訳システムなどへの応用を目指す。

(私見)

これで世界はより身近になる・・・のかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月16日 (木)

ケーブルウエストなど、最大300Mbps超のインターネット接続サービス実験

ケーブルウエスト、ベイ・コミュニケーションズ(ベイコム)、伊藤忠テクノサイエンス(CTC)の3社は、同軸ケーブル上で最大300Mbps超の高速CATVインターネット接続サービスを可能にする実証実験を4月に開始すると発表した。

 4月に開始される実証実験では、シスコシステムズがDOCSIS技術をベースに開発した「Wide Band DOCSIS テクノロジー」を採用。同技術はDOCSISチャネルを最大25チャンネル束ねることで、理論値で最大1Gbpsの通信が既存の同軸ケーブル上で可能になるもの。ただし、実証実験では最大300Mbps超の通信が可能な機器を使用して行なわれる。

 ケーブルウエストとベイコムでは、実証実験の結果や技術検討を踏まえた上で、2006年内に100Mbps超のCATVインターネット接続サービスを提供する予定。また、最大300Mbps超のサービスに関してケーブルウエストは、ユーザーニーズを見ながら将来的な可能性として提供を検討するという。

 なお、ケーブルウエストではc.LINK技術を利用したサービスの商用化検討も行なっていくとしている。

(私見)

おぉ・・・300Mbpsは魅力的かと思います。

ただ、最近100Mbpsを売りにしていた某キャリアが実際には100Mbpsもでてないのだから、それはアピールしてはならないと注意されていたので、本当に300Mbps出るならいいけれど、、、出ないなら300M!!と言ってはいけない気も・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

NEC、世界最速データ伝送の開発に成功

 最高性能のスーパーコンピューター実現に向け、NECはコンピューター内の光配線に使う毎秒25ギガ・ビットの世界最速データ伝送技術の開発に成功した。

電気と光の変換効率を向上させたレーザーを光源に使った。米で開かれる光通信システムの国際学会で10日、発表する。

 国が2011年度完成を目指す次世代スパコンに向けた技術開発で、スパコン高速化の難関である中央演算処理装置(CPU)とメモリー間の伝送速度が、現在の日本の最高速スパコン「地球シミュレーター」に比べ40倍速くなる。

(私見)

聞けば1秒間に新聞10万ページ分の情報量が伝送されるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

日本通信、PHSデータ通信を日中使い放題に

データ通信サービスの日本通信は27日、日中の時間帯に使い放題でPHS(簡易型携帯電話)回線を使ったデータ通信を利用できるパッケージ商品を3月3日に発売すると発表した。

インターネットを使って株式を売買する個人投資家などが対象。通信会社との契約の必要がなく、専用のカードを使ってサイト閲覧や電子メールの送受信が可能となる。

 商品名は「bモバイル・デイタイム」。午前8時から午後6時の間、1年間使い放題でサービスを利用できる。日中のデータ通信量が多い、株式のデイトレーダーなどを対象に販売する。午後6時から翌日午前8時も、一晩の利用につき日中の2日分と交換することで利用が可能。オープン価格で、自社のオンラインショップでは4万9800円で販売する。

(私見)

も少し安ければ、結構普及するような気がする。。

ネットを使う個人投資家には結構いい話かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月31日 (火)

グーグル革命 世界へ輸出

日本のインターネット業界の寵児(ちょうじ)ともてはやされたライブドアのつまずきと対照的に、米国ではネット検索最大手グーグルの勢いが止まらない。

記録的な成長はネットビジネスの世界ばかりか、他の業界も揺るがし、安全保障や文化の分野でも摩擦や懸念を生じさせている。2人の若者が1998年9月に設立して7年余り。シリコンバレー発の新たな「革命」とされるグーグル旋風の波紋はどこまで広がるのか

■記録

 ライブドアに強制捜査の手が入り、株価の急落が始まった今月17日。米国ではグーグルがまた新たな事業計画を発表した。ラジオ広告会社の買収である。

 翌日の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは1面トップでこう報じた。

 「グーグル、旧メディアの世界へさらに一歩。次の標的はテレビか」

 創設者のサーゲイ・ブリン、ラリー・ペイジ両氏(共に32歳)は、それぞれ技術担当、製品担当の社長を務める。昨年9月には株式公開から1年2か月で時価総額が1000億ドル(約11兆7000億円)を超えた。過去最速の記録である。収入源の広告の売り上げもうなぎ登りで、今年は円換算で1兆円を超えそうだ。グーグルの国際展開にも拍車がかかっている。

■秘密

 日本にもライブドアなど急成長したネット企業は多い。だが、グーグルは錬金術まがいの商法で水ぶくれした企業とは違う。

 まず「検索」というネット革命の核心を押さえた。背景には技術力がある。

 グーグルの検索はキーワードを入れると瞬時に結果が出る。数十億ページから集めた情報をこれほど速く処理できるのはなぜか。

 米スタンフォード大のジョン・ヘネシー学長は「カギは世界最大のコンピューターシステム」と話す。と言ってもスーパーコンピューターがあるわけではない。普通のパソコンを10万台以上、巧みに組み合わせて実現したものだ。これが「最大の企業秘密」という。

 大容量メールや衛星画像、ネット図書館など次々と繰り出すサービスも斬新で魅力的だ。それもすべて無料である。これも結果的に利用者を引き寄せ、広告収入の増加につながった。

■軋轢

 急激な巨大化は様々な軋轢(あつれき)を生んでいる。

 世界中の衛星画像が楽しめる「グーグル・アース」は紛争地を抱えるインド、イスラエルなどから「すべて丸見え。敵が利用する」と抗議された。メディアのネットニュースのさわりを紹介する「グーグル・ニュース」や世界の書籍の電子化をめざす「ネット図書館」は著作権侵害を問題にされ、訴訟が相次いだ。

 個人情報をめぐる問題もある。月間約4億人の利用者の検索行動やメールの中身を見れば、その好みが分かる。こうした情報がグーグルには集積されている。史上例のない規模の市場調査システムとも言える。

 ブライアン・ファフェンバーガー米バージニア大準教授は「グーグルはビジネスに転用しないと誓っているが、業績の低迷や経営陣の交代があったらどうなるか。その意味で怖い企業だと思う」と指摘する。

■死角

 ペイジ氏は「創設7年で小学生になったばかり」と話す。検索技術の水準も目標の3割程度という。手綱を緩める気配はない。

 だが、競争の熾烈(しれつ)なIT業界で勝ち続けるのは至難の業だ。巨人マイクロソフトも検索の重要性を悟り、必死に追い始めた。株価バブルと危ぶむ声もある。

 グーグルに関する本を書いたワシントン・ポスト紙のデビッド・バイス記者は、死角があるとすれば、「おごり」と「広告収入だけに頼る危うさ」と話す。

 ただ、グーグルがつまずいても、ネット広告の急増やあらゆる情報のオンライン化、それに伴う新ビジネスの誕生といった流れは止まりそうもない。別のグーグル本を出したジョン・バテル氏はこう指摘する。

 「彼らはゲームのルールを変えてしまった

「IT力」日米に大差

 IC時代の到来、パソコンの登場、インターネットの普及、そして検索エンジンの開発――振り返ってみれば、IT革命の根幹の技術はどれもアメリカ発だ。ネット広告などのビジネスモデルも大半は米国で考え出された。一方、日本のネット企業はほとんどが米国の二番せんじで食べている。

 ITは過大評価すべきではないが、ライブドアショックで虚業と切り捨ててしまうのも間違っている。まず彼我の差の大きさを深刻にとらえるべきだと思う。

32歳の2人 “正義の誓い”

 サーゲイ・ブリン、ラリー・ペイジ両氏は1995年春、米スタンフォード大の博士課程で出会った。

 ブリン氏はモスクワのユダヤ人家庭に生まれた。父親は数学の教授で、一家はブリン氏が6歳の時、自由を求めて米国に来た。

 ペイジ氏も父親が米ミシガン大の情報科学の教授という学者一家の出身だ。

 ともに金もうけに興味はなく、当初は広告の掲載もためらったとされる。株式公開時に当局へ出した文書では「邪悪にならない」「世界をよりよい場所にする」など異例の宣言をした。

 同じ30代前半の堀江貴文前ライブドア社長とは対照的な、理想主義的な姿勢は資産がそれぞれ100億ドル(約1兆1700億円)を超える大富豪になった今も変わらない。夢は検索技術を遺伝子の解明にいかすことだという。

 ただ、中国進出に際してはマイクロソフトやヤフーに続いて結局、自主検閲を受け入れた。競争激化と組織巨大化の中で創業の理念をどこまで貫けるのか。試されるのはこれからだ。

(私見)

・ライブドアとの差は、技術だというがごもっともな意見だと思う。

グーグルはあんなに設けているのに、金儲けにはあまり興味がないらしい。

対してライブドアはいつの間にか金儲けだけに走るようになってしまった。

その差は大きい。。

・数十億ページから集めた情報をこれほど速く処理できるのは「普通のパソコンを10万台以上、巧みに組み合わせて実現したものだ。」

10万台!!!!

いやはやびっくり。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

松下電器など、地上デジタル放送とインターネット連携の実証実験を開始

京都放送と健康/医療情報の保健同人社、医療法人洛和会、 松下電器の4社は2006年1月16日、地上デジタル放送の高度利用プラットフォーム事業創造に向け、実証実験を京都地域で開始した。

プラットフォーム事業は、保健同人社の健康関連情報を基本サービスとし、健康関連事業者のサービス拡充を図るビジネス形態を想定している。

実証実験は京都府商工部が後援、京都放送が実証放送を行い、保健同人社と洛和会が健康情報を提供、松下電器が試行サービス全体の管理とコンテンツ制作、サービス運用を担当する。

提供された情報はデータ放送/通信サーバーに適宜格納され、データ放送の利用帯域や放送時間に制限されず、いつでもオンデマンドでアクセスできる。

また既存の HTML 情報を、 XML ベースのデータ放送向けページ記述言語である BML 情報に自動変換する機能があり、インターネット上の情報を放送上で再利用できる。

試行サービス期間中には約150名のモニターを募集し、アンケートによる試行サービス検証を行う。

(私見)

実際に保健同人社のHPを覗いたら・・・

地上波デジタル放送のデータ・通信連携の「健康サービス」のモニターを募集いたします。

洛和会でも、

KBS京都 データ放送・通信連携「健康サービス」モニター募集

これを気にみなさまいかがでしょうか?

おぉ。本当にやってる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)