2006年1月30日 (月)

NTT東西、ひかり電話オプションサービスで設定がリセットされる不具合

NTT東日本およびNTT西日本は30日、IP電話サービス「ひかり電話」向けのオプションサービス「ナンバー・リクエスト」「ボイスワープ」で不具合が発生したと発表した。

不具合はすでに修正済みで、対象ユーザーはサービスの再設定が必要になる。

 ナンバー・リクエストは、番号非通知の着信に対して電話を取らずに自動応答で対応できるサービスで、ボイスワープは指定した電話番号へ着信を転送できるサービス。NTT東西によれば、これらのサービスをひかり電話で利用しており、新たにオプションサービスの導入などでひかり電話関連の工事を行なった場合、両サービスの設定が初期状態の「停止中」に戻るという不具合が発生していたという。

 不具合の発生件数はNTT東日本で約1,000件、NTT西日本で約8,000件で、原因はひかり電話設備のプログラムミスによるもの。すでにプログラムは修正済みで、現在この事象は発生しないという。ユーザーからの問い合わせ件数はNTT東日本が1件、NTT西日本が0件で、NTT東西では不具合の対象ユーザーに対して個別で説明していく。

(私見)

この間の誤請求といい。。。しっかりしてください。NTT殿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

NTT西、ひかり電話対応機器「AD-200SE」で無線LAN電話機の利用が可能に

NTT西日本は、ひかり電話対応機器「AD-200SE」の新ファームウェアを公開した。電源オンオフ操作などにより、ファームウェアを更新できる。

 今回公開されたファームウェアは、「Version 02.03」。AD-200SEに接続した「フレッツフォン VP1000」などとのIP電話端末間、もしくはIP電話端末とアナログ電話端末間で内線通知機能と内線転送機能の利用が可能になった。

 また、NTT西日本がレンタル提供する無線LANカード「SC-32SE」を本体に装着することで、IEEE 802.11bに準拠した「ひかりパーソナルフォン WI-100HC」の利用にも対応する。このほか、キャッチホン利用時などに保留相手の聞かせる保留音が「Green Sleeves」へと変更された。

(私見)

一応NTTHP内に載っているのでそちらもご参考までにどうぞ~

NTTHP内のひかり電話対応機器「AD-200SE」

| | コメント (0) | トラックバック (0)