2006年6月15日 (木)

サイバーエージェントとH.I.S.、旅行者向けブログポータル「旅ブロ」

ブログサービス「Amebaブログ」を運営するサイバーエージェントは15日、H.I.S.と共同で旅行愛好者を対象にしたブログポータルサイト「旅ブロ」を開設した。

 旅ブロは、H.I.S.からのキャンペーン情報を発信する「OFFICIAL BLOG」や、27カ国34都市の海外支店から特派員が現地最新情報を紹介していく「旅ブロWORLD情報局」を用意したブログポータルサイト。ブログはAmebaブログのシステムを利用しており、AmebaサービスのIDを取得することでユーザーのブログを開設できる。また、取得したAmebaのIDでサイバーエージェントと提供する他のAmebaサービスも利用可能だという。

 サイバーエージェントとH.I.S.は、旅ブロで広告商品の販売を年内に予定するほか、今後もサービス活性化に向けた取り組みを随時行なっていくという。

(私見)

旅行から帰ってきた人の体験した人たちのSNS(コミュニティ)をあってもあってもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

中国のブログ人口、来年1億人に迫る見込み

ネット上で個人が日記風に書き込んで簡単に情報発信できるブログの中国での登録者数が急増し、来年には1億人に迫りそうだ。一方で、ネット隆盛のあおりを受けた新聞業界は苦境にあるとの指摘が出ている。

 中国社会科学院や清華大学がまとめた「メディア青書―06年中国メディア産業発展報告」によると、中国でのブログ登録者は、昨年末の1600万人から、今年中に6000万人を突破。来年は9900万人に達すると予測される。同書は、登録者急増により「ブログが大衆化し、ネットの発展が個人化の時代を迎えた」と指摘した。

 一方で、同書は新聞については、広告収入が減少しているとともに、若者の新聞離れが進んでいると分析。特に「人民日報」や「経済日報」などの党や政府の機関紙は「説教というメディアが決してやってはならないことをしている」ため、信頼性と影響力が低下しており、「読者の支持を得られなければ、他メディアに取って代わられる危険に直面する」との厳しい見方を示した。

 日本の総務省によると、日本でのブログ登録者数は、3月末で868万人。

(私見)

長らく間を空けてしまいました・・・フッカツです。

中国もブログ盛況なんですねぇ。これからもっと個人で作成されたものがブログや動画などあらゆる形でネット上を飛び交うんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

livedoor キーワード、ブログでの使用頻度を視覚化した「流行解析」

ライブドアは18日、「livedoor キーワード」ベータ版に流行解析機能を追加したと発表した。各キーワードがブログで使われている頻度をグラフと数値で把握できる。

 流行解析はキーワードに付与したタグごとに表示され、タグが付与されたキーワードがブログで利用された割合を数値とグラフで表示する。「韓国俳優」というタグの場合、タグが付与された「ヨン様」「チェ・ジウ」「クォン・サンウ」のようなキーワードの使用率を、「韓国俳優の28%はヨン様で出来ています」といった流行成分として表示する。

 livedoor キーワードはlivedoor 検索と連動しており、livedoor Blog以外のブログサービスで使われたキーワードも対象に含まれる。なお、流行成分の対象はブログで使用されたキーワードのため、タグが付与されたキーワードがブログで使用されていない場合には流行成分が表示されない。

(私見)

流行成分って最近流行ってるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月12日 (水)

携帯でブログを検索・ネット企業が相次ぎサービス

新興インターネット企業が携帯電話でブログ(日記風の簡易型ホームページ)を検索するサービスを相次ぎ導入している。ネット広告や携帯向け情報配信会社が参入し、機能面で独自性を競い始めた。定額制データ通信の普及で携帯からネットに接続しやすくなり、ブログを出先で手軽に読む楽しみ方を提案して自社サイトへの集客に生かす。

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム系のインタースパイア(東京・港)は今週内にブログ自体を検索するサイト「ブロマ」と、芸能などのテーマ別にブログの記事のみを検索する「ブロニュース」を開設する。

 ブロマは20万件以上のブログに対応。利用者はキーワード入力とジャンル選択でブログを探す。利用者が登録したブログの更新状況を示す機能を盛り込む。2サイト合計で初年度20万人の利用を見込み、サイトに掲載する広告で2億円の収入を得る計画。

(私見)

携帯でブログ検索するメリットがいまいちよく分からない・・・

だれか教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年2月28日 (火)

ココログ、会員向けのベーシック/プラス/プロを3月にバージョンアップ

@niftyが運営するブログサービス「ココログ」は、@nifty会員向けの「ベーシック」「プラス」「プロ」のバージョンアップを3月28日に実施すると発表した。

トラックバック・コメント機能の強化や、Podcasting機能の実装などが予定されている。

 予定されているバージョンアップは、ココログが採用しているブログサービス「TypePad」の最新バージョンをベースとしたもの。すでに2005年11月には、TypePad 1.6をベースとした無料の新サービス「ココログフリー」が開始されており、今回のバージョンアップはココログフリーに続いて既存サービスをバージョンアップする形になる。

 機能面ではコメントやトラックバックの公開・非公開といった管理機能が強化されるほか、Podcastingにも対応する。また、ベーシックではアルバム機能「マイフォト」や新規記事の公開日時指定機能なども追加される。

 アクセス解析機能も高機能化が予定されており、これまでアクセス解析機能が利用できなかったベーシックでも利用可能になる。ただし、ココログのすべての記事に新たな解析タグを埋め込む必要があるため、システム全体のレスポンスに影響を与えないよう段階的な導入を検討しているという。

(私見)

Podcastingにも対応・・・おぉ!すごい。

ただ・・・あまりに多くの機能を付けすぎて、逆にユーザビリティの低下になってしまったら、いただけない。

最近、機能性は優れているのに、なぜか使い勝手がイマイチなものが多くなってきているような気がするなぁ。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月24日 (金)

ブログで稼ぐのをあきらめた理由--フルタイムのブロガーを目指した人物の方向転換

ウェブデザイナーJason Kottkeさんは、仕事を辞めてブロガーとして生計を立てようとしたが、ちょうど1年を経過した時点でこの計画を中止することにした。

 Kottkeさんは米国時間2月22日に、自分のブログKottke.orgの読者から今後は資金を募らないことを発表した。資金を集めるのに十分なだけの読者を惹きつけられなかったこと、および、購読モデルを継続するだけの十分な「カリスマ性」を作り出せなかったことを理由に挙げている。

 また、Kottkeさんは、ブログを成功させるのに十分な時間と労力を割くことができなくなったとも説明している。

 「(公にはしなかったが)このサイトを新規に事業化することを当初狙っていた。しかし、途中で(良い方向に)人生の進路が変わってきてしまい、希望通りにサイトに集中できなくなってしまった。そのうち、このサイトが日常的な作業になってしまい、維持こそ可能だが、成長を望むのは難しい状況になってしまった」とKottkeさんはブログに書いている。

 Kottkeさんがブログを始めたのは、かなり早い時期である。彼のサイトは、約8年前に開設され、2003年のBloggiesで特別功労賞を獲得している。彼は、2005年の2月22日にフルタイムでブログに集中することを発表し、定期購読者にはわずかながらの支払いを求めていた。

 Kottkeさんは22日、1450人から合計3万9900ドルの寄付を集めることができたと明らかにした。寄付のほとんどは、プロジェクトを開始した2005年の2月と3月に実施した最初の資金集めのときに集まったものだった。

 Kottkeさんが次に何をするのかは不明だ。

 「短期的には、今、自分の人生にはもっと別のことが起こっているので、(ブログは)後回しになるだろう。長期的にどうなるかはまだ分からない。サイトで資金を集める何か別の手段を探すかもしれないし、あるいは単なる趣味として続けていくかもしれない。とはいっても、これまで8年の間ずっとそうしてきたように、掲示やリンクはほぼ毎日追加していく」と彼は書いている。

 ブログ対象の検索エンジンであるTechnoratiを創立したDave Sifry氏は、ブログを成功させる秘訣は、あるトピックに特化することだと述べている。

(私見)

ブログ作成だけで食べていく決意って相当なものだったんだろうなぁ。

けど人生そんなにあまくないみたいで。。

ブログ作成だけじゃなくて、会社の商品紹介ブログを請け負うとか、ブログを始める人に対して簡単な説明会を開くとか、、、世間とつながりがもっと多ければ、も少し長くできたような気がする。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月14日 (火)

ブログ検索のBlogHeader、携帯電話向けモバイル版をβリリース

ピアミージャパン株式会社は、ブログ検索サービス「BlogHeader」の携帯電話向けサービス「BlogHeader Mobile」のβ版を公開した。

無料で利用でき、NTTドコモ、au、ボーダフォンの3キャリアに対応する。

 「BlogHeader Mobile」では、ブログの記事検索のほか、PC向けBlogHeaderサイトと同様に「話題のキーワード」が10個トップページに用意されている。2月14日18時現在では、「バレンタイン」「トリノオリンピック」「義理チョコ」「ライブドア」などが並ぶ。話題のキーワードは1分ごとに更新され、キーワードをクリックするだけで、今最もホットな話題について書かれたブログをチェックできる。

 検索機能では、「記事から検索」「サイト名で検索」の2つから検索対象を設定可能なほか、「キーワードPlus」機能を備える。

 たとえば「今井メロ」と入力した場合、検索結果のページ上部に「成田童夢」「ハーフパイプ」「日本勢」などの関連キーワードが並び、関連キーワードに関するブログも、ワンクリックで検索して読める仕組みになっている。これら関連キーワード(キーワードPlus)は、トップページの「話題のキーワード」と同様に、検索する度に自動的にピックアップされるため、常に新しい話題を追うことができる。

 「BlogHeader Mobile」へのアクセスは、QRコードに対応したカメラ付き携帯電話の場合、PC向けBlogHeader Mobile案内サイトのQRコードが利用できる。また、URLメール送信も用意されている。

 ピアミージャパン株式会社は、P2P音声通信技術を手がける米PeerMe,Inc.の日本法人。PeerMe, Inc.は、インターネットを介したPC間およびPCと携帯電話間で、音声通話(VoIP)、インスタントメッセージ、ファイル転送を提供するP2Pプラットフォームを開発した。

(私見)

個人的に携帯でブログを投稿することがあったりするので、携帯でブログ検索できることはちょっと嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

ライブドア、都道府県別にブログを表示する「livedoor Blog ローカル」

ライブドアが運営するlivedoo Blogは、都道府県別のブログポータルlivedoor Blog ローカル」を2月3日から開始した。

 livedoor Blog ローカルは、livedoor Blogで作成されたブログを47都道府県ごとに分類して表示するブログポータル。ユーザーが管理画面で設定したユーザー情報に基づいて都道府県それぞれのページが作成されている。また、写真共有サービス「livedoor PICS」とも連携し、それぞれの地域タグが付与された写真を表示する。

 livedoor Blog ローカルに自分のブログを表示するには、ブログの管理画面から「ブログの設定/管理」「ユーザー情報」で設定できる。

(私見)

都道府県別にしてるなら、コミュニティがあればいいのに。

そしたら、地元ネタとか、おいしい店!とかの情報交換ができる口コミの元ができる気がする。SNSとBLOGの連合がとりやすいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ライブドア、ブログ検索でN-gram方式を採用。部分一致検索が可能に

ライブドアは、同社のブログ検索エンジンをリニューアル、新たにN-gram方式を採用したと発表した。

 N-gram方式は、検索キーワードを「N文字の文字列として区切る」方式で、文章に含まれた単語を文字列で分解し、単語として認識する。この方式を採用したことで、調べたいキーワードの一部から目的のサイトを検索できる部分一致検索が可能になり、ライブドアでは検索の利便性が大幅に向上したとしている。N-gram方式への移行に合わせ、ワンクリックで文字サイズを変更できる新機能も追加された。

 合わせてライブドアでは、同社のブログ検索による検索対象ブログの件数が2,000万件を突破したと発表した。

(私見)

ライブドアってネット事業の中ではブログサービスが一番知名度高い気がする。

ブログやSNSサービスに目を向けてればあんなことにはならなかったはず・・・

お金は人を狂わせる・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

口コミを統計グラフ化--kizasiから生まれた「ブログクチコミサーチ」

 ブログ上で話題になっているキーワードのランキングを紹介する「kizasi.jp」を運営するシーエーシー(CAC)は、あるキーワードがブログ上でどのように話題になっているかを時系列にグラフ化して表示するサービス「ブログクチコミサーチ」のベータ版を1月30日より公開する。
自社の商品の反響が知りたいマーケティング担当者などをターゲットとする。

 ブログクチコミサーチは、kizasi.jpのブログ検索エンジンを利用する。ユーザーが選んだ任意のキーワードについて、ブログ上でどの程度話題になっているかという出現量と、どんな言葉と一緒に語られているかという関連語のランキングを時系列に表示する。たとえば下の画面の場合、「カレー」よりも「ラーメン」のほうがブログで語られることが多く、なかでも「麺」や「スープ」についての記述が多いことが分かる。

ブログクチコミサーチはkizasi.jpと同様に1日10~15万件のブログのエントリを収集しており、データは10分おきに更新されるという。なお、ブログデータの収集を開始したのが2005年3月31日からのため、それ以前のデータはない。

 kizasi.jpでもユーザーが任意のキーワードの話題性を調べることはできたが、ブログクチコミサーチの場合はそのキーワードが出現するブログの数が表示され、2つのキーワードの話題性を比較できる点が特徴だ。期間指定は日単位、週単位ででき、月単位の推移も今後見られるようにしていくという。

 関連語のランキングは名詞、形容詞、動詞別に見られる。これにより、名詞を見てキーワードが語られた文脈がわかるほか、形容詞によってそのキーワードがどういった評判なのかといったことも分かるようになる。また、2つのキーワードの関連語を比較することも可能だ。関連語をクリックすると、そのキーワードが登場するブログの一覧が表示される。

 CACでは「自社の商品やキャンペーンの反響を見たい宣伝・広告担当者のほか、メディアの企画担当者など、さまざまな人に利用して欲しい」と話している。利用にはユーザー登録が必要。料金は無料となっている。

 CACは今後、企業向けにカスタマイズ版を提供するほか、企業内の情報システムと連携させるといったことを考えているという。kizasi.jpへの広告掲載、ランキング自体のコンテンツ提供などと合わせて2007年度までに10億円の売上を目標としている。

(私見)

おぉ~なんか面白そうだな。

しかも色々と世の中の関心を知るといった意味では使えそう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)