« ソフトバンク、契約大幅増 | トップページ | 携帯からもユーチューブ ボーダフォンが提携 »

2007年2月 9日 (金)

NTT東西、光回線がADSLを逆転

NTTが8日発表したNTT東日本、西日本の1月末現在のブロードバンド(高速大容量通信)の契約数で、光ファイバー回線が555万3000件と、ADSL(非対称デジタル加入者線)の544万9000件を初めて上回った。(河野越男)

 NTTは2001年から、ADSLに替えて、光サービス「Bフレッツ」の普及に重点を移してきた。マンション居住者向けの定額料金を当初の月3800円から段階的に引き下げ、04年9月には同2500円と、ADSLの月2800円よりも低価格としている。

 光回線の通信速度は、最大でADSLの2倍程度速い。情報量が大きい動画や音楽データをインターネットでやり取りするのが一般的になり、IP(インターネットプロトコル)電話を設置すれば電話料金負担が軽減される点も、光回線へのシフトを後押しした。

 ライバル各社も「光」を主戦場と位置付けている。KDDIは東京電力から買収した通信網を活用し、首都圏でのシェア30%を狙っている。ソフトバンクは、既存の電話線の一部を光通信に利用することを検討しており、ADSL事業者のアッカ・ネットワークスも光通信事業に参入した。

 今後は、自前の光回線を持たない事業者が、NTTとの価格競争上、NTTの光通信網の接続料値下げを求める可能性もある。

 NTTは、他事業者との接続地点から契約者を結ぶ「引き込み線」の接続料を1本当たり月約5000円としている。今年初めて接続料を見直すが、光回線の敷設には多額のコストがかかるため、「接続料の引き下げは困難」として、値下げには消極的だ。

(私見)

ついに逆転!今後ますますADSL利用者数との差が開きそうだなー。

ただ、接続料の引き下げを困難としているため、流行に後からついてくるレイトマジョリティー層達に対して今後どう訴求していくんだろう?>光事業者

|

« ソフトバンク、契約大幅増 | トップページ | 携帯からもユーチューブ ボーダフォンが提携 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/13845905

この記事へのトラックバック一覧です: NTT東西、光回線がADSLを逆転:

» FXがわかるサイト [FXがわかるサイト]
業者は登録制となり、金融庁の監督下に置かれるようになった。 書面の交付義務 契約締結前、取引成立、証拠金受領時にそれぞれ書面の交付が義務づけられた。 最新ニュース一覧 [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 17時58分

« ソフトバンク、契約大幅増 | トップページ | 携帯からもユーチューブ ボーダフォンが提携 »