« NTT、06年度第1四半期のBフレッツ契約数が400万件に。ADSLは西でも減少 | トップページ | MNP開始日は10月24日、auの手数料も明らかに »

2006年8月 4日 (金)

NTT、光関連事業好調・契約当たり収入向上

NTTグループの光関連事業の収益基盤が安定してきた。NTTの光回線網を利用したブロードバンド(高速大容量)通信サービス「Bフレッツ」の4―6月の一契約当たり月間収入(ARPU)は、東西地域会社とも1―3月を上回った。通期では5000円前後となる見通しで、NTTでは中長期的に6000円前後のARPU確保を視野に入れる。

 BフレッツのARPUは、3日のNTTグループの第一四半期決算で初めて公表された。光IP(インターネットプロトコル)電話サービス「ひかり電話」を合わせたBフレッツの月間収入をBフレッツ契約数で割った数値で、4―6月はNTT東日本が4780円、西日本が4900円。年度後半に向けて徐々に増加する見通しだ。

(私見)

中長期的に6000円前後のARPU確保を視野って、、、ひかり電話が達成できるか否かを担っている気がする・・・

|

« NTT、06年度第1四半期のBフレッツ契約数が400万件に。ADSLは西でも減少 | トップページ | MNP開始日は10月24日、auの手数料も明らかに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/11263600

この記事へのトラックバック一覧です: NTT、光関連事業好調・契約当たり収入向上:

« NTT、06年度第1四半期のBフレッツ契約数が400万件に。ADSLは西でも減少 | トップページ | MNP開始日は10月24日、auの手数料も明らかに »