« 通信販売:売上高、7年連続で過去最高を更新 | トップページ | ネットとケータイの配信ビジネスが急伸 »

2006年8月16日 (水)

携帯と固定電話の一体サービス、NTTに認める方針

総務省は、NTTドコモとNTT東西地域会社が一つの番号を使って固定電話と携帯電話を使い分ける一体通信サービスを提供することを認める方針だ。ドコモがNTT東西から通信回線を借りて携帯、固定の両サービスを提供するといったことが可能になる。NTT東西とドコモの連携が市場の独占を招かないよう、他の通信事業者にも公平に通信網を開放することを条件にする。1社が固定と携帯をまとめてサービスすることで、利用者は料金の割引などが期待できる。

 一体サービスは「060」で始まる番号を使って2007年度にも導入される。ただ、NTT東西とドコモは、電気通信事業法で支配的事業者と認定されており、NTT東西は家庭から電話局までの通信網を独占し、ドコモは携帯電話で過半数の市場シェアを握る。ドコモとNTT東西が連携し、それぞれが固定と携帯のサービスができるようになれば市場の独占につながる恐れがあり、NTTグループの扱いが焦点になっていた。

(私見)

電話番号がFMCになるのもそう遠くない感じですね。

|

« 通信販売:売上高、7年連続で過去最高を更新 | トップページ | ネットとケータイの配信ビジネスが急伸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/11463213

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯と固定電話の一体サービス、NTTに認める方針:

« 通信販売:売上高、7年連続で過去最高を更新 | トップページ | ネットとケータイの配信ビジネスが急伸 »