« ソフトバンクとTOKAI、光ファイバやMVNOなどの事業提携について検討 | トップページ | NTT、光関連事業好調・契約当たり収入向上 »

2006年8月 4日 (金)

NTT、06年度第1四半期のBフレッツ契約数が400万件に。ADSLは西でも減少

NTT(持ち株)は、2006年度第1四半期のフレッツシリーズ契約者数を公表した。NTT東日本とNTT西日本を合わせたBフレッツの契約者数は407.6万件、フレッツ・ADSLは567.3万件。

 Bフレッツ契約者数は、NTT東日本が四半期で35.6万件増の224.5万件、NTT西日本が30.1万件増の183.1万件となり、両社合計値は407.6万件と400万件を突破した。2006年度末予想では、NTT東が150万件、NTT西が120万件の増加を見込んでおり、これに対する進捗率はNTT東が23.7%、NTT西が25.1%と4分の1程度を達成した。

 フレッツ・ADSLは、NTT東が0.7万件減の299.3万件で、NTT西が0.2万件減の268万件。NTT東では2006年度末で10万件の減少を、NTT西では2005年度の268.2万件と同数を予想していたが、今四半期で見るとNTT西日本でも減少に転じた格好になる。

 ひかり電話の契約者数は、NTT東西の合計値で138.5万件。内訳はNTT東が25.8万件増の73万件、NTT西が25.9万件増の65.5万件になった。

(私見)

Bフレッツ回線利用者のひかり電話利用者の割合は約3割。

西が東より割合が進捗率が高いのは意外だった。

ケイ・オプトとの争奪戦はどんな策略があるんだろう(興味津々

ここまで普及してきたから今ってマジョリティー層に近づきつつあるのかな。

|

« ソフトバンクとTOKAI、光ファイバやMVNOなどの事業提携について検討 | トップページ | NTT、光関連事業好調・契約当たり収入向上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/11258856

この記事へのトラックバック一覧です: NTT、06年度第1四半期のBフレッツ契約数が400万件に。ADSLは西でも減少:

« ソフトバンクとTOKAI、光ファイバやMVNOなどの事業提携について検討 | トップページ | NTT、光関連事業好調・契約当たり収入向上 »