« 闘病記700冊データベース化 ネットで無料検索 | トップページ | ブロードバンド 普及率4割超す »

2006年6月13日 (火)

「ワンセグ」視聴 過半数が1日30分未満

インターネット調査会社のマクロミルのアンケート調査によると、4月に始まった携帯電話向け地上デジタル放送「ワンセグ」の視聴時間は、1日あたり「30分未満」という人が57%と過半数を占めた。見る番組は「ニュース・報道番組」が76%と他を圧倒した。視聴場所は電車、バスなど「公共交通機関(駅やバス停を含む)」が50%と最も多く、「通勤・通学途中の短い時間に、ニュース番組を見て生の情報を得る」といった傾向が示された。

Click here to find out more!

 視聴頻度は「週に2~3日」という人が26%と最多、「ほぼ毎日」が21%、「週に4~5日」が12%おり、6割の人が週に2、3日以上見ていることになる。自宅で見ているという人も43%いた。調査は5月19~20日、ワンセグ対応の携帯電話を持っている人が対象、15歳以上の309人が有効回答した。

(私見)

ドラマって結構その物語の中に入っていくから、外ではあまり見たくない気もする。(音楽ガンガンかけてのりのりな人みたいになる感じに似てるような。)

ニュースなら、ま、いいよねぇ。

|

« 闘病記700冊データベース化 ネットで無料検索 | トップページ | ブロードバンド 普及率4割超す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/10505601

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワンセグ」視聴 過半数が1日30分未満:

« 闘病記700冊データベース化 ネットで無料検索 | トップページ | ブロードバンド 普及率4割超す »