« 総務省調査、加入者光ファイバ回線に占めるNTT東西のシェアは78.6% | トップページ | IE用の「Googleツールバー4.0」日本語版が公開 »

2006年6月 6日 (火)

光回線契約者数が500万件を突破 MM総研調べ

光ファイバー回線によるブロードバンド(高速大容量)通信の契約者数が、今年3月時点で534万5500件と初めて500万件を突破したことが、情報通信分野の民間調査会社MM総研の調べで分かった。05年3月末の266万2000件から倍増した。一方で、ADSL(非対称デジタル加入者線)の伸びは大幅に鈍化した。

 ブロードバンド(光、ADSL、ケーブルテレビ)通信全体の契約者数は前年同期比約20%増の2315万件。ナローバンド(公衆回線、ISDN)の契約者数は同19%減の1450万件だった。

 光回線のシェア首位はNTT東日本で35%。NTT西日本(29%)、USENグループ(9%)、関西電力系のケイ・オプティコム(7%)と続く。ADSLは1444万5000件で5%増。シェア35%で首位のソフトバンクBBも、伸び率は6%にとどまった。

 今後も光回線への移行は進むとみられ、MM総研は09年3月末に光回線の契約者数が1900万件に達し、ADSLを抜くとみている。

(私見)

バックボーンの確保もままならないままに、契約だけ伸びてるけどいいんだろうか?


|

« 総務省調査、加入者光ファイバ回線に占めるNTT東西のシェアは78.6% | トップページ | IE用の「Googleツールバー4.0」日本語版が公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/10411943

この記事へのトラックバック一覧です: 光回線契約者数が500万件を突破 MM総研調べ:

« 総務省調査、加入者光ファイバ回線に占めるNTT東西のシェアは78.6% | トップページ | IE用の「Googleツールバー4.0」日本語版が公開 »