« USEN、FTTHの加入者数は約65万件。GyaO登録者数が1,000万件突破間近に | トップページ | 「ワンセグ」視聴 過半数が1日30分未満 »

2006年6月13日 (火)

闘病記700冊データベース化 ネットで無料検索

がんや脳疾患などの患者やその家族の体験記をデータベース化した「闘病記ライブラリー」(国立情報学研究所・高野明彦教授)が12日からインターネットによる無料検索サービスを始める。700冊を57病名に分類し、病名ごとにネット上の本棚で表紙や概略を見て検索できる。高野教授は「今後は各地の図書館の横断検索とのリンクを考えていきたい」としている。

 同ライブラリーは、図書館司書や医療従事者が選書した700冊でスタート。今後も増やしていく。「がん」「脳の病気」「心の病気」など12ジャンルに大分類されたトップページをまず選択すると、「乳がん」「脳卒中」など病名に小分類された本棚が表れる。本の背表紙をクリックすると、著者、出版社、目次などが画面上に出る。また医療従事者らがつくった概略や解説もあり、著者の性別や年齢、生死などの情報が得られる。古書店が運営するウェブや治療法、病院名を紹介する医療情報のホームページと違い、より詳細で自分に近い「生活情報」を探すことができる。

 作製のきっかけは、図書館などに闘病記専用棚の設置運動をしている「健康情報棚プロジェクト」の石井保志代表が、高野教授に働きかけたことだ。石井さんによると、闘病記は、患者が病気になったときに、医学専門書と同時に参考にすることが多い。しかし、書名では何の疾病か分からない本もあり、図書館の中には文学やノンフィクションの棚にばらばらに並べられているため、探しづらいという。

 同ライブラリーは、http://toubyoki.info/

(私見)

自分が病気になったときに、図書館で本を探すのはちょっと人目が気になって気が引ける。そういう時にこんな本棚があればちょっと心強い。

|

« USEN、FTTHの加入者数は約65万件。GyaO登録者数が1,000万件突破間近に | トップページ | 「ワンセグ」視聴 過半数が1日30分未満 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/10505572

この記事へのトラックバック一覧です: 闘病記700冊データベース化 ネットで無料検索:

« USEN、FTTHの加入者数は約65万件。GyaO登録者数が1,000万件突破間近に | トップページ | 「ワンセグ」視聴 過半数が1日30分未満 »