« ブロードバンド 普及率4割超す | トップページ | ぷらら、Bフレッツ向けにWinny通信遮断機能を提供。解除設定も選択可能 »

2006年6月13日 (火)

アマゾン、中小出版やインディーズの作品を受託販売

ネット通販大手のアマゾンジャパンは12日、東京・渋谷で会見を開き、中小出版社やソフト会社の商品を預かり販売する「e託販売サービス」を同日開始したと発表した。一般の流通網に乗らないような中小出版社やインディーズ(独立系)音楽レーベルの作品を1、2点から受託販売することにより、同社の取り扱いカタログ数を増やす。

 新サービスはアマゾンのウェブサイトで登録をし、年間9000円の利用料を支払うことで利用できる。アマゾンは商品を登録した利用者に対し必要な在庫数量を通知し、同社の物流センターで在庫として保管する。購入者からの注文受付や発送、カスタマーサービスはアマゾンが行う。委託期間の期限は特にないが、商品をどのくらい在庫として持つかはアマゾンが指定する。アマゾンは販売代金の40%のマージンを得る。

 サービス登録には「日本図書コード(ISBN)」または「JAN」規格の管理コードを持つ商品であることや、法人格を持つことなどの条件がある。当初は中小出版社やインディーズレーベルなどの会社が対象だが、今後は自主出版やアマチュアバンドなど個人へのサービス拡大も目指している。

 会見では、ユーザーの代表としてインディーズレーベルの247ミュージック代表取締役の丸山茂雄氏が「アマゾンは仕入れという資金負担をしないことで多くの商品を在庫させることができる。我々は、(流通段階に)在庫がないなどして販売機会の損なわれていた商品をユーザーに届けられるようになる」と話した。アマゾンは、書籍の取次会社やソフトの卸売会社とはこれまで通り取引を続けるとしている。

(私見)

本以外のロングテールを狙っているのか?な?

|

« ブロードバンド 普及率4割超す | トップページ | ぷらら、Bフレッツ向けにWinny通信遮断機能を提供。解除設定も選択可能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/10506723

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾン、中小出版やインディーズの作品を受託販売:

» IPSで本当に稼いだ男のブログ/IPS研究会 [IPSで本当に稼いだ男のブログ/IPS研究会]
IPSはとても稼げる商材ですが、実際に稼いだという人の声はみなさんなかなか聞けないで… [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 02時04分

« ブロードバンド 普及率4割超す | トップページ | ぷらら、Bフレッツ向けにWinny通信遮断機能を提供。解除設定も選択可能 »