« ヤフーや楽天を上回るDeNAの成長ペース | トップページ | オリンパス、音楽配信サービス開始・オンラインストレージも提供 »

2006年6月13日 (火)

KDDI、「DION」の顧客情報約400万人分流出を発表

KDDIは13日、同社が運営するインターネット接続サービス「DION」の顧客情報3,996,789人分が外部に流出していたことを確認したと発表した。流出した顧客情報は2003年12月18日時点の情報であることもあわせて発表された。

 KDDIによれば、氏名、住所、連絡先電話番号が漏れた顧客の人数は3,996,789人分。うち、性別、生年月日、連絡先メールアドレスも漏れていた顧客もあるという。細かい内訳は性別が26,493人分、生年月日が98,150人分、連絡先メールアドレスが447,175人分。

 DIONメールアドレスおよびパスワード、口座番号などの信用情報、通信記録については流出していないとしている。

 KDDIではこの件について、専用の問い合わせ番号を設けてユーザーの問い合わせに応対する。通話料金はかからないフリーコールで専用受付番号は「0077-78-9100」。土・日・祝日も含め、午前9時から午後8時まで対応する。

 なお、KDDIでは13日、この件に関して都内で発表会を開催している。発表会の詳細については、追って本誌でレポートする予定だ。

(私見)

400万って・・・ケタがちょとやばめ・・・

|

« ヤフーや楽天を上回るDeNAの成長ペース | トップページ | オリンパス、音楽配信サービス開始・オンラインストレージも提供 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/10510228

この記事へのトラックバック一覧です: KDDI、「DION」の顧客情報約400万人分流出を発表 :

« ヤフーや楽天を上回るDeNAの成長ペース | トップページ | オリンパス、音楽配信サービス開始・オンラインストレージも提供 »