« NTT、連結決算を発表。売上と営業利益ともに前年と比べて微減 | トップページ | ただ乗りか否か 通信とネットが意見公募で激突 »

2006年5月16日 (火)

アッカ決算、坂田社長がモバイルWiMAX参入への意気込みを語る

アッカネットワークスは15日、2006年12月期第1四半期決算に関する説明会を実施。あわせて、今後の事業展開についての説明も行なわれた。

■ 2006年12月期第1四半期は個人向け事業が減少傾向も「想定内」
 2006年12月期第1四半期決算の売上高は、前年同期比で1.6%減の101億600万円、営業利益は75.2%減の4億100万円、純利益は40.1%減の6億8,900万円となった。2006年12月期中間期の業績予想では売上高を200億円、経常利益を8億円と予測しており、代表取締役社長の坂田好男氏は「売上・利益ともに中間業績予想達成にむけて順調な仕上がり」とコメントした。

 売上高の推移については、個人向け事業では前四半期比4.5%減の83億3,400万円、企業向け事業では18.9%増の16億6,100万円。加入者数は、個人が前四半期比3.6万件減の120.6万件、法人が3.5万件増の4.48万件であった。個人向け事業の売上げ減少について坂田社長は「減少は想定内だがややペースが速い」と分析、「まだ多数を占めているダイヤルアップユーザーをいかにユーザーとして取り込むか、DSLで十分というユーザーの開拓を今年は行ないたい」と今後の方針を語った。一方で法人向け事業については、HMVをはじめとした大口案件やM2M案件、中堅・中小企業向けサービス「ACCA Solution Partner Program」などの顧客獲得が増収に繋がったとし、「地道ではあるが確実に顧客が増加し、過去最高の純増を記録した」と説明した。

■ モバイルWiMAX事業への意気込みや企業向けバックアップサービスの概要を表す
 事業展開についての説明では、4月18日付で実証実験用無線局免許を申請したIEEE 802.16e(モバイルWiMAX)への取り組みについての説明がなされた。坂田社長は、「2.5GHz帯で採用される規格が採用されておらず、またWiMAXにはどういう条件がつくかも未定だ」とし、11月頃には事業方針を発表する方針であることを明らかにした。また、免許取得については「様々な企業が手を挙げており割り当てられる帯域も少ないので、しっかりと実証実験を行ない8月までには総務省にデータを提出したい」と意気込みを見せ、「我々は中立的な企業なので、VNO(Virtual Network Operator)方式での提供もすぐに行なえる」と同社の優位性を示した。なお、2006年度はモバイルWiMAXの実証実験に約1億円を出資するという。

 このほか、企業向けサービスではアクセス回線を二重化して提供する新サービス「アクセスバックアップサービス(仮称)」の概要説明が行なわれた。同サービスは、光ファイバ接続サービスのバックアップ回線としてDSL回線を用いるもので、同社の光ファイバ接続サービス「ACCA光」での提供のほか、他社光ファイバ接続サービス向けの提供も検討しているという。坂田社長は、「これまでは,個人・法人共に“安ければいい”と言う世界にいたが、最近はでは安全で安心できるネットワークの需要が増えてきたと認識している」と前置きした上で「光ファイバは故障すると復旧までに時間がかかる。ラストワンマイルが切断してしまえば、回線がどこの事業者であれユーザーにとっては故障でしかない」とし同サービスの意義を表した。

(私見)

光ファイバの難点。。。工事期間が長い。。。

早く無線でつながる世界が普及したら開通期間が長いとか工事が・・・といった問題がなくなるのになぁ・・・

|

« NTT、連結決算を発表。売上と営業利益ともに前年と比べて微減 | トップページ | ただ乗りか否か 通信とネットが意見公募で激突 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/10096214

この記事へのトラックバック一覧です: アッカ決算、坂田社長がモバイルWiMAX参入への意気込みを語る:

« NTT、連結決算を発表。売上と営業利益ともに前年と比べて微減 | トップページ | ただ乗りか否か 通信とネットが意見公募で激突 »