« KDDIと東京電力、トリプルプレイ対応のFTTHサービス「ひかりone」 | トップページ | タカラトミー、今期黒字化へ 「おもちゃ×デジタル」で »

2006年5月26日 (金)

アナログ放送終了時期「知ってる」32% 総務省調査

テレビのアナログ放送が2011年に終わるのを正しく知っている人は、ほぼ3人に1人にとどまることが、総務省が26日発表した調査でわかった。同年7月24日にアナログ放送が終了し、地上デジタル放送に一本化されると、アナログテレビ受信機では放送を見られなくなる。同省は今年6月から、国内外のテレビメーカー約10社の協力で、出荷されるアナログ受信機にアナログ放送終了を知らせるシールを張るなど周知を進める。

 調査は全国の15歳から70歳代までの4700人を対象に、3月に郵送で実施。約4000人から回答を得た。アナログ放送が終わることは85.7%が知っていたが、時期を正しく答えた人は32.1%(05年の前回調査では9.2%)にとどまった。地上デジタル放送に対応した受信機の世帯普及率は15.3%(同8.5%)だった。

 総務省は昨秋から電器店店頭など流通経路での告知を強化しているが、「さらに周知を進めデジタル受信機の普及につなげたい」としている。

(私見)

アナログからデジタルへ、スムーズに移行できるんだろうか?

デジタル放送を普及させるには、やっぱりデジタル放送対応のテレビの値段を下げるしかないんじゃないかな。

なんらかの便宜を図った方が。。。この数字は改善されないような気がする。

|

« KDDIと東京電力、トリプルプレイ対応のFTTHサービス「ひかりone」 | トップページ | タカラトミー、今期黒字化へ 「おもちゃ×デジタル」で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/10247218

この記事へのトラックバック一覧です: アナログ放送終了時期「知ってる」32% 総務省調査:

« KDDIと東京電力、トリプルプレイ対応のFTTHサービス「ひかりone」 | トップページ | タカラトミー、今期黒字化へ 「おもちゃ×デジタル」で »