« 総務省調査、050番号利用数が1,000万件、0AB~J番号利用数が100万件突破 | トップページ | ナップスター、定額制音楽配信サービスを秋に開始。150万曲以上を用意 »

2006年5月29日 (月)

脳を鍛える:川島隆太・東北大教授に聞く

脳を活発に働かせ、脳の老化を防ぐドリルやゲームソフトがヒットし、本紙の「脳を鍛えたい」にも多くの反響が読者から寄せられている。指南役の東北大教授、川島隆太さん(47)はこの現象をどう見ているのか。「脳を鍛えたい」のメッセージに込められた思いを聞いた。

 --「脳を鍛える大人のドリル」シリーズ(くもん出版)は350万部を突破し、ゲームソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」(任天堂)も2作で500万本を売り上げる大ヒットとなっています。このブームをどう見ますか。

 ◆二つの時代背景が考えられます。一つは、バブルがはじけて、心の豊かさを求める人が増えてきたこと。養老孟司先生の著書などで、心が豊かだということは脳が元気だということなのかなと気付き始めた時に、どうすれば脳を元気にすることができるかという方法を私が提案したということです。

 もう一つは、IT(情報技術)化が極度に進んだ社会に対して、本能的に恐怖心を持ち始めたのではないでしょうか。車や鉄道が発達して体を動かすことが少なくなって、健康のためトレーニングに励む人たちが増えてきた。同様に、パソコンなどに頼って頭をあまり使わなくてもいい時代だからこそ、脳を使わなきゃいけないということに気付き始めた人が出てきたのではないでしょうか。

 ■研究成果の社会還元を

 --研究成果の社会還元ということを強調されてますね。

 ◆私たちが研究に没頭できるのは、国民の税金に支えられているからです。研究者の使命は人類に新しい知恵をもたらすことですが、私はそれだけでは違和感を覚えました。特に人間の脳の研究には巨額な費用がかかります。使った税金分は社会に返さなきゃいけないという思いが強くありました。

 --額の後ろにある脳の「前頭前野」という領域には、思考、創造、コミュニケーションなど、人間の心を形成していると思われる要素が含まれているということですが、どうすれば前頭前野が活性化されますか。

 ◆三つの原則があります。一つは読み書き計算。二つ目はコミュニケーションです。目と目を合わせて話すことが重要で、電話では活性化しません。遊びも1人、2人遊びではあまり活性化しませんが、3人以上で遊ぶと効果が格段に高まります。三つ目は指を使って何かを作ることです。ただし、クルミを手の中で回すような無目的な指運動では効果がありません。料理をしたり、楽器を演奏したり、絵を描くなど「創造する」という目的が加わることが必要です。

 ■1週間に30の食材

 --「脳を鍛えたい」では新聞のコラムの音読を提案しています。脳を鍛えるツールとして新聞は有効なのでしょうか。

 ◆好きな本を繰り返し読んでいると記憶してしまい、文章を見なくなります。脳は情報処理機器のように、情報を入力し、処理し、出力するという一連の行動があった時によく働きます。記憶すると、入力の過程が抜け落ちてしまうので活性度が落ちます。新聞ならば、毎日新しい活字が家にやって来ます。そういう意味では宅配は珠玉のシステムです。

 --脳をよく働かせるには、どんな生活がいいのでしょう。

 ◆脳にはリズムがあります。夜型だと言い張る人でも、午前中に一番よく働くようにセットされています。午前中に、脳を働かせる時間帯を作ることが効率的です。それに脳を働かせるには、食事が欠かせません。脳細胞のエネルギー源はぶどう糖で、常に供給してやらないと十分に働けません。朝食を抜くということは、脳をガス欠の状態で走らせることになります。

 また、学習をすると、神経細胞と神経線維をつなぐシナプスの数が増え、神経線維も太くなります。脳を発達させるにはバランスのいい栄養素も必要です。1週間に30品目の食材を取ることを目標にするといいのですが、案外難しい。穀類だと米と小麦とそば、季節の魚はせいぜい3~4種類、肉も牛、豚、鳥で3種類。それでも10品目にしかなりません。残り20品目は野菜、豆類、海藻類から取らなければなりません。

 ■ほろ酔いは脳が働く?

 --お酒は脳にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

 ◆酒は基本的に脳細胞を殺します。飲酒量の多い人は脳細胞の数が減りやすい。それは長期的な影響ですが、短期的な効果をみると、ほろ酔い状態で脳はより働くというデータが出ています。となると、ほろ酔いの方が車を安全に運転できるといえるのかもしれませんが、やはりだめですね。お酒が好きな人は決して、ほろ酔いで止まらないからです。

 --今後、取り組もうとしていることは。

 ◆欠食の問題です。朝食を食べない子どもの数が増えていて、公立の小学校だと2~3割に達しているという報告もあります。親が作らないのが原因で、朝ごはんを食べていない子どもは午前中の授業がきちんと受けられません。親は家庭の中でも自分という個を大切にしているため、その個の中に子どもが入っていないようです。そういう親たちを動かすためには、ごはんを作ることが親自身の幸せになるという情報を刷り込む必要があります。第1弾として「料理が脳を鍛える」というメッセージを出しました。

 ただ、ごはんを作らない親たちは、脳を鍛えることにあまり興味がありません。そこで、第2弾として「料理をするとキレイになる」というデータを近く出そうと考えています。外食ばかりしていた人が自炊するようになれば、油の使用は控えるし、カロリーも減る。当然、肌はきれいになる。ここまで来ると、脳科学の領域ではないのですが、私の口から言おうと思います。そんなトレンドが広まってくれれば、欠食の子どもが少しでも減るかもしれません。

 将来を担う子どもたちが元気でいてくれることが、社会全体の幸せにつながると思います。

 ◆前頭前野を活性化させる3原則◆

(1)読み書き計算

 ~黙読より音読。計算は単純なものを速く解く

(2)コミュニケーション

 ~直接対面して会話する。電話は効果薄

 ~遊びは3人以上が効果大

(3)指を使って創造する

 ~料理、楽器演奏、工作など目的が必要

(私見)

脳を鍛える人がなぜ多くなったか?

私は、「世の中個人主義」になってきたからなのかなと思いました。

今は「個」が尊重される時代。会社に依存する時代も終わり、自分が自分の価値を高めて会社という箱の中で存在する時代。

いい意味でも悪い意味でも「個」が重要視されてきているんじゃないかと。

全然話・・指遊びって、あやとりはいいのか??

|

« 総務省調査、050番号利用数が1,000万件、0AB~J番号利用数が100万件突破 | トップページ | ナップスター、定額制音楽配信サービスを秋に開始。150万曲以上を用意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/10293268

この記事へのトラックバック一覧です: 脳を鍛える:川島隆太・東北大教授に聞く:

» 自動車税とは?【自動車税は排気量別!】 [自動車]
エンジンの総排気量別に課税額が変わります! 維持費を考える上で見逃せませんよ! [続きを読む]

受信: 2006年5月30日 (火) 00時32分

» 自動車税を分かりやすく解説しています。 [自動車税を理解する! 自動車税の情報館]
自動車税って分かりにくくないですか?そんな自動車税を徹底的に分かりやすく解説しています。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 18時10分

« 総務省調査、050番号利用数が1,000万件、0AB~J番号利用数が100万件突破 | トップページ | ナップスター、定額制音楽配信サービスを秋に開始。150万曲以上を用意 »