« ドコモの通話 130か国で可能に | トップページ | KDDIと東京電力、トリプルプレイ対応のFTTHサービス「ひかりone」 »

2006年5月24日 (水)

気持ちを光で表現する「言花(KOTOHANA)」を共同開発

NEC、NECデザイン、日本SGIの3社は3月3日、人の感情をLEDの光色で表現するフィーリング・コミュニケーター「言花(KOTOHANA)」を共同開発したと発表した。

 KOTOHANAは、花形の端末にLEDとマイクを組み込んだもので、2つの端末がセットになっている。端末のマイクで入力された音声の感情を解析し、発話のリズムから「喜びは黄色」「哀しみは青色」「平常は緑色」「興奮は赤色」といった具合に、色の変化で感情を表現する。端末同士は無線LAN等により接続されることを想定しているので、離れたところでも話者の気持ちが分かるという。

 感情認識には日本SGIが事業提携しているエイ・ジー・アイと共同開発した、感情認識エンジン「ST:Sensibility Technology、感性制御技術」を応用したものが採用されている。

 今回の共同開発モデルは、感情認識の効果を実証するためのコンセプトモデル。STはKOTOHANAに接続されたパソコンに組み込まれ、マイクによって音声を入力している。同モデルは3月6日から15日までドイツのハノーバーで開催される「CeBIT」に出展される予定だ。

(私見)

2006年3月の記事ですがコメントをいただいた熱都力学:朝火様のブログを覗いた際に、面白いものを発見したので記事にさせていただきました。

「ありがとう」といっても、興奮して怒っている場合は赤だと相手に伝わったら。。。おぉ本心のコミュニケーションになるってことか。

時と場合によって使い分けると、これはいいかも。

|

« ドコモの通話 130か国で可能に | トップページ | KDDIと東京電力、トリプルプレイ対応のFTTHサービス「ひかりone」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/10216283

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちを光で表現する「言花(KOTOHANA)」を共同開発:

« ドコモの通話 130か国で可能に | トップページ | KDDIと東京電力、トリプルプレイ対応のFTTHサービス「ひかりone」 »