« 脳を鍛える:川島隆太・東北大教授に聞く | トップページ | NEC、松下と提携強化検討 第3世代携帯 »

2006年5月29日 (月)

ナップスター、定額制音楽配信サービスを秋に開始。150万曲以上を用意

タワーレコード・グループのナップスタージャパンは29日、月額課金の定額制音楽配信サービス「Napster(ナップスター)」を2006年秋に開始すると発表した。

 ナップスタージャパンは、タワーレコードと米Napster社の業務提携を受けて、2005年10月に設立された会社で、当初は2006年春にサービス開始を予定していた。ナップスターでは楽曲コンテンツやプログラム、サービスの充実に万全を期すため、2006年秋にサービスを開始することを決定したとしている。また、サービス開始時には洋楽・邦楽の最新ヒット曲や旧譜など150万曲以上を用意する予定だという。

 サービス体系は、月額課金の定額制サービスがPC上に楽曲をダウンロードして再生できる「Napster Basic」と、PCダウンロードおよびWindows Media Player 10に対応したポータブルデバイスに転送可能な「Napster To Go」の2種類を用意。ダウンロードした楽曲は固有IDの利用によって、最大3台のPCで共有が可能。ストリーミング再生にも対応する。

 加えて、楽曲・アルバム単位で購入可能な「Napster a la carte」も用意する。定額制サービスの利用料金に関して同社では、「米国の月額9.95ドル(Napster Basic)、月額14.95ドル(Napster To Go)と、大きく料金が異なることにはならないのではないか」としている。また、Napster a la carteに関しては、「他の音楽配信サービスと同程度になる見込み」だという。なお、サービス名称に関しては仮称で、今後変更になる場合がある。

 対応OSはWindows XP/2000、Windows Media Player 7.1以降となるが、Napster To GOではWindows XP、Windows Media Player 10が必要になる。Windows Vistaについてもサポートを表明している。

 なお、同社では対応したポータブルデバイスに関しては携帯電話を含めてメーカー各社が開発を進めてるとし、サービス開始に向けて順次発売される予定だという。

(私見)

150万曲・・・曲数がどんどん増えていくけど、邦楽、洋楽どの位の割合なんだろう??邦楽が増えているのか、洋楽がふえているのか。

|

« 脳を鍛える:川島隆太・東北大教授に聞く | トップページ | NEC、松下と提携強化検討 第3世代携帯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/10295474

この記事へのトラックバック一覧です: ナップスター、定額制音楽配信サービスを秋に開始。150万曲以上を用意 :

« 脳を鍛える:川島隆太・東北大教授に聞く | トップページ | NEC、松下と提携強化検討 第3世代携帯 »