« KDDIと東電、光通信事業を統合 | トップページ | ケイ・オプティコム、音楽コミュニティサイト「eo Music Tribe」開設 »

2006年4月 4日 (火)

アッカ、「WiMAX推進室」を設置してモバイルWiMAXへの取り組みを強化

アッカ・ネットワークスは、4月3日付で「WiMAX推進室」を設立したと発表した。推進室の室長には代表取締役社長の坂田好男氏が就任する。

 この推進室は、IEEE 802.16e(通称モバイルWiMAX)での周波数獲得を目指した取り組み強化の一環として設立されるもの。モバイルWiMAXは最大75Mbpsで時速120kmのハンドオーバーを実現できるというモバイルブロードバンド規格で、総務省が開放を予定する2.5GHz帯の有力な候補ともされている。

 アッカではこれまでモバイルWiMAXに関して活動してきたプロジェクトチームを専任部署として組織化することで業務内容と責任を明確化。モバイルWiMAXに関する事業戦略立案と商用化の検討、周波数獲得への取り組みをさらに強化するとしている。

(私見)

ADSL事業からの脱皮本格化!?

|

« KDDIと東電、光通信事業を統合 | トップページ | ケイ・オプティコム、音楽コミュニティサイト「eo Music Tribe」開設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/9423011

この記事へのトラックバック一覧です: アッカ、「WiMAX推進室」を設置してモバイルWiMAXへの取り組みを強化 :

» モバイルWiMAX(ワイマックス) [魁人伝]
モバイルWiMAX(ワイマックス)は、昨年12月に標準化された高速無線サービスの技術です。 無線LANを改良して移動しながらでも広い範囲で使えるようになっているそうです。 速度も最大75Mbpsとかなり早いみたいです。 おとなり韓国では、既...... [続きを読む]

受信: 2006年4月14日 (金) 22時39分

« KDDIと東電、光通信事業を統合 | トップページ | ケイ・オプティコム、音楽コミュニティサイト「eo Music Tribe」開設 »