« 東京大学、小柴昌俊教授らによる講義をPodcasting配信 | トップページ | 「ケータイ銀行」、KDDIと三菱UFJが検討 »

2006年4月13日 (木)

ウィルコム、次世代PHS向けに2.5GHz帯の免許申請。20Mbps実現を目指す

ウィルコムは13日、次世代PHSシステムの開発・導入の一環として2.5GHz帯の無線局免許の取得申請を行なったと発表した。同社では実験免許取得後、2006年8月頃をめどに実証実験を開始する予定。

 実証実験では、虎ノ門地域のビルと郊外地域に各1カ所にアンテナおよび基地局実験設備を設置。2.5GHzの周波数帯を用いて、同社次世代PHSシステムの中核技術の1つであるOFDM技術の伝送実験などを中心に、伝送速度20Mbpsの実現を目指す。

 具体的には、OFDM技術に現行のPHSシステムで採用するアダプティブアレイレイアンテナ技術を利用した場合、加えてMIMO技術を利用した場合の性能評価を実施する予定だという。

(私見)

そのうち光の速度のように100Mbps実現!も可能になる!?

|

« 東京大学、小柴昌俊教授らによる講義をPodcasting配信 | トップページ | 「ケータイ銀行」、KDDIと三菱UFJが検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/9569897

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルコム、次世代PHS向けに2.5GHz帯の免許申請。20Mbps実現を目指す :

« 東京大学、小柴昌俊教授らによる講義をPodcasting配信 | トップページ | 「ケータイ銀行」、KDDIと三菱UFJが検討 »