« 「ポケモン」と「Suica」が連携へ | トップページ | 中国、オンラインゲームに「実名登録」義務化へ »

2006年4月17日 (月)

NTT東西、映像や音質向上を図ったIPテレビ電話「フレッツフォン VP1500」

NTT東日本およびNTT西日本は、IPテレビ電話端末「フレッツフォン VP1500」を4月21日に発売すると発表した。標準価格は83,790円。

 フレッツフォン VP1500は、すでに発売されている「フレッツフォン VP1000」と比較して、映像や音声品質の向上を図った製品。CMOSイメージセンサーはVP1000と同じく30万画素となるが、CMOSモジュールの変更によって画質を向上、音声面ではエコーキャンセラやノイズリダクション機能などの向上が図られた。主に法人ユーザーが対象の製品となるため、VP1000も引き続き販売が行なわれる。なお、VP1000にあった方向ボタンは備えていない。

 ディスプレイ部はタッチパネル式の8インチTFT液晶ディスプレイ。テレビ電話機能では最大2Mbpsの映像送受信が可能で、映像コーデックにはMPEG-4/H.263を、音声コーデックにはG.711をサポートする。また、NTT東西が動作確認済みのH.263に準拠した他社の多地点テレビ会議装置との相互接続も可能だという。

 音声面ではマイクとステレオスピーカーを内蔵し、ハンズフリー通話が可能なほか、別途オプションのハンドセットも接続できる。加えて、同製品では不在時にテレビ電話着信があった場合にも相手のメッセージを映像とともに保存できる留守番電話機能を搭載する。

 Windows Media 9形式の動画ストリーミング再生をサポートし、WebブラウザはInternet Explorer 6.0 for Windows CEを採用する。このほか同製品では、NTT東西が提供するIPv6サービスのテレビ電話機能をはじめ、IP電話サービス「ひかり電話」やプロバイダー各社が提供するIP電話サービスの利用にも対応する。

 本体インターフェイスには10BASE-T/100BASE-TX×1、USB 1.1×2、S映像出力×1、コンポジット入出力×各1、ステレオ音声出力×1、モノラル音声入力×1、イヤホンマイク接続端子×1などを搭載。本体サイズは210×196×233mm(幅×奥行×高)で、重量は約2kg。

Fletphons

フレッツフォン VP1500

(私見)

|

« 「ポケモン」と「Suica」が連携へ | トップページ | 中国、オンラインゲームに「実名登録」義務化へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/9636424

この記事へのトラックバック一覧です: NTT東西、映像や音質向上を図ったIPテレビ電話「フレッツフォン VP1500」 :

« 「ポケモン」と「Suica」が連携へ | トップページ | 中国、オンラインゲームに「実名登録」義務化へ »