« YOZANとソフィア総合研究所、WiMAXサービス普及に向けて合弁会社を設立 | トップページ | 文化放送とドワンゴ、アニメやゲームコンテンツを配信する新会社を設立 »

2006年4月18日 (火)

インターネットCM、13回以上接触で83%が認知~DACが広告効果測定

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は11日、インターネットCMの認知効果に関する調査をまとめた。それによると、広告への接触頻度(フリークエンシー)が13回以上で約83%の認知率に達するという。

 調査は2006年1月1日から2月28日にかけて、動画配信サービス「GyaO」のユーザーを対象にインターネット上で実施。対象広告はGyaOの30秒スポットCMで、合計12,435件の回答を集めた。

 全体のインターネットCM認知率は、同じ広告に3~4回接触することで約62%の認知率になり、8~10回では約75%、13回以上では約83%という結果となった。

 また、男性の認知率では、接触頻度が14回以上で約82%に到達。年齢別に見てみると、M1(男性20~34歳)では認知率の立ち上がりが早く、接触頻度が5回で約70%に達したが、同回数のM2(男性35~49歳)では約60%にとどまった。これ以降の接触回数では、M1とM2に大きな差は見られなかった。

 女性の認知率については、接触回数が13回以上で約88%まで認知率が上がった。年齢別では、男性同様にF1(女性20~34歳)の方が認知率の立ち上がりが早く、接触回数3回で約70%の認知率になり、同回数のF2(女性35~49歳)では約66%だった。これ以降の接触回数についても、F1の方が高い認知率となる傾向が見られた。

(私見)

テレビのCMも13回くらい見ればまぁなんとなく覚えてる気がする。

80%代はなんとなくすくない気がするなぁ。

|

« YOZANとソフィア総合研究所、WiMAXサービス普及に向けて合弁会社を設立 | トップページ | 文化放送とドワンゴ、アニメやゲームコンテンツを配信する新会社を設立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/9648793

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットCM、13回以上接触で83%が認知~DACが広告効果測定 :

« YOZANとソフィア総合研究所、WiMAXサービス普及に向けて合弁会社を設立 | トップページ | 文化放送とドワンゴ、アニメやゲームコンテンツを配信する新会社を設立 »