« NTT社長会見「NTTグループの資本関係やアクセス網分離は考えていない」 | トップページ | イー・アクセス、指定した地図の地点に住む筆者のブログを表示するポータル »

2006年4月 4日 (火)

ボーダフォン新役員体制が明らかに、津田氏は退任へ

ボーダフォンは、ソフトバンクによる買収を受け、新たな役員体制を発表した。今回発表された内容のうち、取締役に関しては、4月下旬に開催される臨時株主総会後に正式決定される。

 これまでボーダフォンの代表執行役会長を務めてきた津田志郎氏、代表執行役最高財務責任者(CFO)のジョン・ダーキン氏、執行役副社長の野副正行氏、および社外取締役のマイケル・ジェイ・ピット氏、チャールズ・バタワース氏、ポーリーン・ベスト氏の6名の取締役は退任する。現代表執行役社長のビル・モロー氏は、取締役として留任する予定だが、そのまま社長職に就任し続けるかどうかは未定。

 また、4月4日付で、新任執行役として、ソフトバンクBB副社長の宮内謙氏が執行役副社長(営業担当)に、ソフトバンクBB常務取締役などを務める宮川潤一氏は専務執行役(技術本部長)に、ソフトバンクBB取締役CFOの藤原和彦氏は常務執行役(財務担当)に、ソフトバンク人事部長の青野史寛氏は常務執行役(人事担当)に選任されている。

 4月下旬に就任する新任取締役候補者は、ソフトバンク社長の孫正義氏、新執行役の宮内氏と宮川氏のほか、ソフトバンク取締役の笠井和彦氏、ソフトバンク財務部長の後藤芳光氏、ヤフー取締役COOの喜多埜裕明氏となっている。

 現時点では、どの役員が代表権を持つかは未定。また、今回発表されなかった他の役員についても留任するかどうかは未定となっている。

(私見)

津田さんはドコモにいたし、日本の携帯業界のいいところもわるいところも知っている人だと思うけど・・・

退任はもったいない・・・

|

« NTT社長会見「NTTグループの資本関係やアクセス網分離は考えていない」 | トップページ | イー・アクセス、指定した地図の地点に住む筆者のブログを表示するポータル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/9428710

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダフォン新役員体制が明らかに、津田氏は退任へ :

« NTT社長会見「NTTグループの資本関係やアクセス網分離は考えていない」 | トップページ | イー・アクセス、指定した地図の地点に住む筆者のブログを表示するポータル »