« ブロードバンド:契約数は2236万件 FTTHが急増 | トップページ | アッカとマイクロソフトが協業--ブロードバンドインフラ提供で地域のIT化推進 »

2006年3月 3日 (金)

YOZAN、無線LANサービス「BitStand」でWi-Fi端末による音声通話に成功

YOZANは3月3日、個人向けWi-Fi無線LANサービス「BitStand」でネットツーコムの無線IP端末「WiPCom1000」による音声通話接続試験を実施し、音声通話に成功したと発表した。

 BitStandは、IEEE 802.11b/gに対応した公衆無線LANサービス。バックボーンとして、高速無線通信規格のWiMAXを採用した。法人向けには、WiMAXで直接通信を行うサービス「WiMAXダイレクト」を用意している。

 WiPCom1000は、Wi-Fi対応の通信端末。音声通話のほか、電子メールの読み書きやウェブ閲覧が行える。OSはWindows CEで、グループウェアなどのアプリケーションも搭載できる。なお、 狭い帯域の無線通信網で音声通話を可能にするため、高圧縮技術を採用した。

(私見)

音声通話成功ということは・・・将来WIMAX携帯電話可能ということになりますね。

なるほど。IP電話携帯は値段、音質で確かに魅力的だと思う。

後はデザインだなー。

|

« ブロードバンド:契約数は2236万件 FTTHが急増 | トップページ | アッカとマイクロソフトが協業--ブロードバンドインフラ提供で地域のIT化推進 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8982872

この記事へのトラックバック一覧です: YOZAN、無線LANサービス「BitStand」でWi-Fi端末による音声通話に成功 :

« ブロードバンド:契約数は2236万件 FTTHが急増 | トップページ | アッカとマイクロソフトが協業--ブロードバンドインフラ提供で地域のIT化推進 »