« エキサイト、韓国のシステム会社と資本提携 | トップページ | 楽天、楽天広場と連動するSNS「楽天広場リンクス」 »

2006年3月23日 (木)

ソフトバンク、携帯電話免許の返上検討・新周波数割り当てを条件に

ソフトバンクは22日、昨年11月に総務省から認められた携帯電話免許について、新たな周波数の割り当てなどを条件に返上する考えを明らかにした。孫正義社長が同日参加した総務省の通信・放送の在り方に関する懇談会で、「取得した1.7ギガ(ギガは10億)ヘルツ帯の周波数が新規事業者のためのものであれば、十分に話し合う意思はある」と述べた。

 ソフトバンクは17日に英ボーダフォンの日本法人買収を決めた。ソフトバンクと同時に携帯電話事業への新規参入を認められたイー・アクセスなどから、ソフトバンクの新規事業者としての免許の認定取り消しを求める声が上がっていた。

 孫社長は「NTTドコモとauは(携帯電話端末が受信しやすい)800メガ(メガは100万)ヘルツ帯を持っているが、ボーダフォンはない。既存の携帯電話事業者間の公正競争の議論が必要だ」と指摘。返上する場合は、携帯電話端末が使いやすい新しい周波数の割り当てを求める考えを示した。

(私見)

ソフトバンクvs総務省・・・果たしてどちらが折れるのか。。。

確かにソフトバンクが周波数を独占するのは、NTTが光ファイバーユーザーを独占していることと似ていて、あまり賛同できるものではないような気もする。

|

« エキサイト、韓国のシステム会社と資本提携 | トップページ | 楽天、楽天広場と連動するSNS「楽天広場リンクス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/9219850

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク、携帯電話免許の返上検討・新周波数割り当てを条件に:

» 北関東3県で光ネット接続が急拡大・地域で誘致活動も [マネーカフェ]
茨城県など北関東地域で光ファイバー通信を使った高速インターネット接続サービスの利用者が大幅に増えている。 [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 16時57分

« エキサイト、韓国のシステム会社と資本提携 | トップページ | 楽天、楽天広場と連動するSNS「楽天広場リンクス」 »