« モバイルWiMAXの実用化は? 総務省が情報通信審議会に諮問 | トップページ | NTT、光ファイバー契約 270万回線新規目標 »

2006年3月 1日 (水)

家庭のネット回線、「光」へのシフト進む・マイボイスコム調べ

インターネット調査会社のマイボイスコム(東京・千代田、高井和久社長)は「第六回ブロードバンド(高速大容量)に関する調査」をまとめた。調査は2001年から毎年2月に実施している。家庭で使っているネット回線について尋ねたところ、「ADSL(非対称デジタル加入者線)など」が初めて減少。光ファイバーが前回の調査に比べ8.6ポイント伸び、「光」へのシフトが進んでいることを裏付けた。

 調査はインターネット利用者約1万6000人を対象に実施した。男女比は男性が46%、女性が54%。

 「ADSLなど」の利用者は前回調査より4.8ポイント減の54.1%。光ファイバーは21.9%だった。「ISDN(総合デジタル通信網)」は3.1%、「モデムを使ったアナログ電話線」は2.2%と、それぞれ調査開始以降、毎年減り続けている。ケーブルテレビを使ったネット接続は14.1%。02年調査をピークに毎年微減している。

(私見)

光加入者が増えているそうです。

野村総研の予測だと、2006年度FTTH利用者数はADSLより上回るとのこと。

上回るとまではいかないけど、結構予測通り??

|

« モバイルWiMAXの実用化は? 総務省が情報通信審議会に諮問 | トップページ | NTT、光ファイバー契約 270万回線新規目標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8889111

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭のネット回線、「光」へのシフト進む・マイボイスコム調べ:

« モバイルWiMAXの実用化は? 総務省が情報通信審議会に諮問 | トップページ | NTT、光ファイバー契約 270万回線新規目標 »