« 京大やNTTなど、ネット経由で20言語の翻訳自在に | トップページ | ニフティもWinny通信を規制へ »

2006年3月31日 (金)

渋滞情報を「Google Earth」で

本田技研工業はこのほど、交通情報配信システム「インターナビ・フローティングシステム」を、「Google Earth」上で利用できるようにした。

 同システムは、会員の車に取り付けたセンサーで特定の道路区間の走行時間を計測し、サーバに送信して交通情報を更新するというもの。会員が増えるほど正確な交通情報を提供できる仕組みで、2003年9月にスタートした。

 新たに、Google EarthがインストールされたPCで同システムの情報を利用できるようにした。混雑のないルートは青で、混雑しているルートはオレンジで、渋滞中のルートは赤色で表示。3D表示や傾き表示にも対応した。情報は朝・昼・夕方の3回更新する。

 まずは東名阪の中心部から20キロ四方で利用可能にし、順次全国に拡大する。

(私見)

こんなところでgoogle earth!

|

« 京大やNTTなど、ネット経由で20言語の翻訳自在に | トップページ | ニフティもWinny通信を規制へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/9354639

この記事へのトラックバック一覧です: 渋滞情報を「Google Earth」で:

« 京大やNTTなど、ネット経由で20言語の翻訳自在に | トップページ | ニフティもWinny通信を規制へ »