« 「携帯事業で再び日本を変える」ヤフー井上社長、del.icio.us や Flickr 国内展開も検討 | トップページ | イー・アクセス、モバイル事業でエリクソンが主要サプライヤーに決定 (その2) »

2006年3月16日 (木)

イー・アクセス、モバイル事業でエリクソンが主要サプライヤーに決定 (その1)

イー・アクセスは13日、子会社イー・モバイルが準備中のブロードバンドモバイル事業において、エリクソンを商用ネットワークの主要サプライヤーに決定したと発表した。


全国のコアネットワークと東名阪の無線ネットワークでエリクソンを採用

 エリクソンが担当するネットワークは、日本全国をカバーするコアネットワークと、イー・モバイルが2007年3月のサービス開始を予定する関東・中部・関西地域の無線ネットワーク。関東・中部・関西以外の無線ネットワークに関してはエリクソンも含めて現在検討中だという。

 イー・アクセスでは、エリクソンが世界各国で導入実績を持つ移動体通信網システムサプレイヤーであり、日本でも20年以上に渡って事業展開とサポート体制の経験を持っている点が主要サプライヤー決定の決め手と説明。また、HSDPA/USUPAの導入など高速データ通信技術の開発や標準化活動への取り組みも決め手になったとした。

 今回エリクソンが採用されたのはネットワークの主要サプライヤーとしてであり、サービス用の端末に関しては国内外のメーカーを対象に検討を進めている段階。メーカーの名前は明らかにされていないが、「ネットワークをエリクソンが手がける以上、端末としてもソニー・エリクソンの親和性が高いことは明らか」(千本倖生代表取締役会長兼CEO)であり、ソニー・エリクソンを端末メーカーの候補の1つとして検討を進めていることを明らかにした。

 モバイル事業のサービス展開予定は従来方針と変わらず、2007年3月に東名阪でデータ通信サービスを、約1年後の2008年2月に音声サービスを開始。その後2~3年かけてエリアを拡充、サービスを全国展開していく。そのための資金調達も現在は順調に進んでおり、「東京都心での基地局建設も先行して着手する予定」(種野晴夫代表取締役社長兼COO)という。

ea02

イー・モバイルのネットワーク構成

ea03

エリクソン選定の理由

ea04

モバイル事業の進捗状況

ea05

今後のスケジュール


|

« 「携帯事業で再び日本を変える」ヤフー井上社長、del.icio.us や Flickr 国内展開も検討 | トップページ | イー・アクセス、モバイル事業でエリクソンが主要サプライヤーに決定 (その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/9114360

この記事へのトラックバック一覧です: イー・アクセス、モバイル事業でエリクソンが主要サプライヤーに決定 (その1):

« 「携帯事業で再び日本を変える」ヤフー井上社長、del.icio.us や Flickr 国内展開も検討 | トップページ | イー・アクセス、モバイル事業でエリクソンが主要サプライヤーに決定 (その2) »