« ライブドア、西京銀行との提携合意を解除 | トップページ | ビル・ゲイツ氏、家族と慈善事業を語る »

2006年3月29日 (水)

日本、8位から16位に転落・2006年世界IT競争力ランキング

世界経済フォーラムは28日、各国・地域のIT(情報技術)の競争力を比較した「2006年版世界IT報告」を発表した。日本は115カ国・地域中16位となり、昨年の八位から大きく後退した。台湾、韓国などアジア勢の躍進に加え、電子政府への対応の遅れなどが響いた。

 世界経済フォーラムは各国政治家や企業経営者を集める「ダボス会議」の主催団体。報告はITの利用環境、能力、活用度を示す統計や経営者アンケートの結果に基づく66の指標を総合して競争力を分析した。日本の順位は初回の21位から20位、12位、8位と上昇してきたが後退は初めて。指数を構成する3つの柱である「環境」「準備態勢」「利用状況」のいずれも昨年を下回った。

(私見)

電子政府!eJAPAN計画がどこまでスピードにのって進むかで、ランキングの順位は変わっていきそうな気もします。

|

« ライブドア、西京銀行との提携合意を解除 | トップページ | ビル・ゲイツ氏、家族と慈善事業を語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/9315369

この記事へのトラックバック一覧です: 日本、8位から16位に転落・2006年世界IT競争力ランキング:

« ライブドア、西京銀行との提携合意を解除 | トップページ | ビル・ゲイツ氏、家族と慈善事業を語る »