« 三井住友銀グループとヤフー、ネット銀行事業での提携を発表 | トップページ | 渋滞情報を「Google Earth」で »

2006年3月31日 (金)

京大やNTTなど、ネット経由で20言語の翻訳自在に

情報通信研究機構と京都大学、NTTコミュニケーション科学基礎研究所などは、世界の20言語を自在に言い換える翻訳システムを3年以内に開発する。各言語の電子辞書や翻訳ソフトをインターネット経由でつなげ、コンピューター画面に入力した文章を必要な外国語に訳す。

 外国人患者を診る医師や海外で活動するボランティア団体向けの通訳システムなどへの応用を目指す。

(私見)

これで世界はより身近になる・・・のかな。

|

« 三井住友銀グループとヤフー、ネット銀行事業での提携を発表 | トップページ | 渋滞情報を「Google Earth」で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/9351879

この記事へのトラックバック一覧です: 京大やNTTなど、ネット経由で20言語の翻訳自在に:

» 翻訳システム 言語グリッド [ネット社会、その光と闇を追うー]
情報通信研究機構と京都大学、NTTコミュニケーション科学基礎 [続きを読む]

受信: 2006年4月 7日 (金) 01時16分

« 三井住友銀グループとヤフー、ネット銀行事業での提携を発表 | トップページ | 渋滞情報を「Google Earth」で »