« ウェブリブログがSNS機能を実装。ユーザーオリジナルのSNSが作成可能に(その1) | トップページ | ネット家電時代、Web2.0時代 セキュリティスキルを高めよう! »

2006年2月23日 (木)

ウェブリブログがSNS機能を実装。ユーザーオリジナルのSNSが作成可能に(その2)

携帯電話対応や他サービスとの連携も予定

ウェブリブログの管理ページもリニューアル。サークルの招待受信や新着書き込み、フレンドの最新ブログ記事やフレンド要求受信、新着のコメントやトラックバックなどが確認できる新着/お知らせページが追加される。

 サービス開始以降の機能向上も予定されており、3月末には携帯電話に対応する予定。サークル機能の閲覧や書き込み、招待や参加など、サークル作成以外の機能は携帯電話から一通り利用できるようになるという。また、フレンドリストも携帯電話からの表示や追加リクエストの送受信などの操作が可能になる。

 2006年度には、ユーザー間のメッセージ送受信機能や足あと機能なども実装。さらにサークル管理者以外のユーザーがウェブリアルバムの画像を画像掲示板にアップロードする機能や、ウェブリリーダーとの連携機能なども予定されている。「ウェブリアルバム自体もサークル機能に統合する形でSNS化していく予定」(BIGLOBEパーソナル事業部 第二サービスビジネスグループの田中栄市郎マネージャー)。

BIGLOBEパーソナル事業部長の古関義幸氏は、「これまでBIGLOBEの接続会員向けに提供してきたウェブリブログだが、ユーザー数が15万を超え、週間ユニークユーザー数も200万を超えはじめた段階で、1つのメディアとしても成立するのではないかと考えた」とコメント。ISP会員向けのブログサービスという位置付けから、広く無料で使ってもらえるブログサービスへとの方向転換を図っており、中でもこのサークル機能は新たなコンセプトの目玉というべき機能だという。

 古関氏はウェブリブログの特徴として独自開発である点を指摘。「サービス開始当初は機能も少なかったが、半年から1年かけて一通りの機能を実装し、その後は独自の機能を実装」しており、今回のサークル機能も独自開発のブログならではだと自信を示した。

 mixiなどの大手SNSと比較した場合、「SNSサービスを作るのではなく、ウェブリブログの上にSNS的な機能を乗せていくイメージ」(古関氏)。今後はCGM(Comsumer Generated Media)を意識し、ウェブリブログやウェブリリーダー、ウェブリアルバムといった各種サービスを1つのサービスとして統合し、サービスのソーシャル化やリッチメディア化を図っていくとした。

(私見)

仲間内のSNSって結構面白そう。

大学のサークルとか部活動の人たちが利用したら、部内の情報共有としても使えるし、部員の個性も表れるだろうし。。

携帯で見れるようになったらもっといいような気がする。

|

« ウェブリブログがSNS機能を実装。ユーザーオリジナルのSNSが作成可能に(その1) | トップページ | ネット家電時代、Web2.0時代 セキュリティスキルを高めよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8800636

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブリブログがSNS機能を実装。ユーザーオリジナルのSNSが作成可能に(その2):

« ウェブリブログがSNS機能を実装。ユーザーオリジナルのSNSが作成可能に(その1) | トップページ | ネット家電時代、Web2.0時代 セキュリティスキルを高めよう! »