« YOZAN、秋をめどにWiMAXによる音声通話を開始へ | トップページ | みあこネット、共用アクセスポイントを採用した商用版サービスを開始 »

2006年2月 1日 (水)

NTT東、公衆無線LANの接続拠点を倍増

 NTT東日本は1日から、外出先で無線を使ってインターネットにつなげる公衆無線LAN(構内情報通信網)サービス「フレッツ・スポット」の接続拠点を、昨年末の約600から約1200へと倍増する。

地下鉄東京メトロでサービスを開始、168全駅のうち164駅で使えるようにする。

 フレッツ・スポットは最大転送速度が毎秒54メガ(メガは100万)ビットで、パソコンなどからブロードバンド(高速大容量)の無線LAN通信でネット接続できる。NTTドコモが東京メトロのホームなどに設けている接続用設備をNTT東日本も共用化する。1日から2カ月間のキャンペーンを実施、販売促進につなげる。

(私見)

ホリエモンが逮捕され、ライブドアの無線LANの今後の行方が暗転している中、これみよがしに、NTTがこんなことを発表とは。

そういえば、ライブドアのD-cubicってどうなるんだろう??

|

« YOZAN、秋をめどにWiMAXによる音声通話を開始へ | トップページ | みあこネット、共用アクセスポイントを採用した商用版サービスを開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8446856

この記事へのトラックバック一覧です: NTT東、公衆無線LANの接続拠点を倍増:

« YOZAN、秋をめどにWiMAXによる音声通話を開始へ | トップページ | みあこネット、共用アクセスポイントを採用した商用版サービスを開始 »