« 総務省の懇談会、NTT再編についてKDDIやソフトバンクらが熱弁を振るう (ソノ3) | トップページ | 総務省の懇談会、NTT再編についてKDDIやソフトバンクらが熱弁を振るう (ソノ5) »

2006年2月 1日 (水)

総務省の懇談会、NTT再編についてKDDIやソフトバンクらが熱弁を振るう (ソノ4)

「儲からない光よりもモバイルを考えるべき」とイー・アクセス千本氏

イー・アクセスの千本倖生代表取締役会長兼CEOも、NTTの市場支配力やグループ経営について意見を表明。グループ間での人事交流に加えて、NTT系のISP「ぷらら」「OCN」などがNTT系のサービスのみと取り引きし、イー・アクセスからの提案が一切受け付けられないという事例を挙げ、「圧倒的な市場支配力を持ちながら、極めて閉鎖的な排他的取引が行なわれている」と指摘した。

 こうした市場支配力の強大さにより、「NTT民営化20年から国際競争力が上がったのはADSLだけ。移動体も固定通信もすべて国際競争力が低下している」と千本氏はコメント。ADSLに関しては規制緩和により新規事業者も参入可能になり、国際競争力が向上したとの考えを示した上で、「NTT東西とNTTドコモによる次世代ネットワークの構築は禁止し、ネットワークのオープン化やルールの明確化が必要だ」と訴えた。

 一方で光ファイバに関しては「世界の動きを見ていると、光をやっているのは日本だけ。こんなに儲からない事業が国家的な戦略として正しいのか」とコメント。「最近は孫さんも光論者になっていて意見が変わっているようだ」としながらも、「アクセスで考えるなら光ファイバよりもWiMAXのようなモバイルを考えるべき」と主張した。

soumu05

|

« 総務省の懇談会、NTT再編についてKDDIやソフトバンクらが熱弁を振るう (ソノ3) | トップページ | 総務省の懇談会、NTT再編についてKDDIやソフトバンクらが熱弁を振るう (ソノ5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8454849

この記事へのトラックバック一覧です: 総務省の懇談会、NTT再編についてKDDIやソフトバンクらが熱弁を振るう (ソノ4):

« 総務省の懇談会、NTT再編についてKDDIやソフトバンクらが熱弁を振るう (ソノ3) | トップページ | 総務省の懇談会、NTT再編についてKDDIやソフトバンクらが熱弁を振るう (ソノ5) »