« au、WIN春モデルに広告メール専用の受信フォルダ | トップページ | J:COMが情報交換会を開催「SNSの活用でテレビとネットの融合を目指す」 »

2006年2月 6日 (月)

KDDI、JCNグループの株式をセコムと丸紅から取得

KDDIは、セコムと丸紅が保有するジャパンケーブルネットホールディングス(JCNH)およびジャパンケーブルネット(JCN)の株式を取得することで合意したと発表した。

株式取得は3月末に行なわれる予定。

 発表によると、KDDIはJCNH株を303,959株、JCN株を44,387.01株を取得し、取得後の所有株数はJCNH株が303,959株(46.76%)、JCN株が45,143.81株(5.00%)となる。また、JCNへの直接および間接出資比率の合計は38.18%となるという。

 今回の取得は、光ファイバ事情の将来的な展開を見据えた顧客基盤拡大の観点から行なったもので、JCNグループの経営に参画し多チャンネル放送、インターネット、電話の各サービスとauの携帯電話との連携を加えたサービス提供が可能になるとしている。

(私見)

勢いのあるNTTを猛突進で突き進むKDDIは抑えることができるのか、(個人的には是非突進していただきたいのだが)今後の展開が楽しみだ~!

|

« au、WIN春モデルに広告メール専用の受信フォルダ | トップページ | J:COMが情報交換会を開催「SNSの活用でテレビとネットの融合を目指す」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8636718

この記事へのトラックバック一覧です: KDDI、JCNグループの株式をセコムと丸紅から取得:

« au、WIN春モデルに広告メール専用の受信フォルダ | トップページ | J:COMが情報交換会を開催「SNSの活用でテレビとネットの融合を目指す」 »