« 携帯向け番組配信事業 ソフトバンクが参入へ | トップページ | au、WIN春モデルに広告メール専用の受信フォルダ »

2006年2月 1日 (水)

Google 決算発表、利益は予測を下回るも、広告メディア展開に自信

検索大手 Google (NASDAQ:GOOG) は1月31日、2005年第4四半期決算を発表した。

第4四半期の純利益は、GAAP ベースで3億7200万ドル (希薄化後1株あたり1.22ドル)、そして非 GAAP ベースでは4億6900万ドル (希薄化後1株あたり1.54ドル) となった。しかし、非 GAAP ベースの1株あたり利益は、アナリスト予測の1.76ドルを大幅に下回る数字だ。

一方売上は、前年同期比86%増の19億1900万ドルを計上した。GAAP に準じ、トラフィック獲得コスト (TAC)、すなわち広告掲載サイトに対する支払い分を差し引くと12億9000万ドルで、こちらはアナリスト予測の範囲内に収まった。

Google の第4四半期利益が思わしくなかった要因といえるのが、税率の高さだ。第4四半期の税率は、予測を上回る41.8%となっている。実際、EBITDA ベース (利息、税金、含み損、減価償却費控除前の利益) の利益は8億1400万ドルで予測を上回る数字になる。Google によれば、2006年には税率も30%台に戻るだろうという。もちろんコストの上昇も、利益圧迫の一因だ。

こうした懸念材料に株式市場は嫌気し、Google の株価は時間外取引で大きく値を下げた。

売上の内訳をネットワーク別に見てみると、Googe が所有するサイトから発生した売上 (サイト売上) は10億980万ドルで、総売上の57%を占めた。また、Google の広告配信プログラム『AdSense』によって広告を掲載しているパートナーサイトから発生した売上 (ネットワーク売上) は7億9900万ドルで、総売上の42%を占めた。

また、Google が広告掲載パートナーに分配した TAC は、6億2900万ドルとなった。第3四半期と比べれば増加しているが、広告売上に対する TAC の割合は、第3四半期の34.0%から第4四半期は33.2%に減少している。これは Google が売上の重点を、ネットワーク売上からサイト売上に移しつつあることを反映したものだ。

Google は先ごろ、ラジオ広告ソリューション会社 dMarc の買収を発表しているが、従来型広告メディアを Google の広告プラットフォームに統合する点について、同社 CEO の Eric Schmidt 氏はアナリストに対し、将来的に大幅な売上成長をもたらすと自信を示した。

(私見)

ネット広告の市場もなぁ・・・結局はラジオの広告市場を抜いたけど、思ったより大きくはならないんだよなぁ。。。と独り言。。。

|

« 携帯向け番組配信事業 ソフトバンクが参入へ | トップページ | au、WIN春モデルに広告メール専用の受信フォルダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8455251

この記事へのトラックバック一覧です: Google 決算発表、利益は予測を下回るも、広告メディア展開に自信 :

» Googleは順調では? [おっくーネット]
 Googleの株価が落ちているのが気になります。先日出た決算発表で、アナリストを予想を下回ったことなどがアナウンスされ、それが少なからず影響を及ぼしているようです。 しかし、決算書をよく見てみるとどうでしょう。・総資産は100億ドルを超えた。・当期利益の落ち...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 19時37分

« 携帯向け番組配信事業 ソフトバンクが参入へ | トップページ | au、WIN春モデルに広告メール専用の受信フォルダ »