« イー・アクセス千本CEO、ADSLやモバイル事業の現状や展望を語る (ソノ2) | トップページ | Z会、会員向けに特化したSNS「パルティオゼット」 »

2006年2月 1日 (水)

イー・アクセス千本CEO、ADSLやモバイル事業の現状や展望を語る (ソノ3)

ea07 

MVNO方式の概要

高速データ通信についてはHSDPA方式での事業展開を示し、「我々が2007年に高速モバイル事業に参入した際には、最低でも数Mbpsの通信速度を保証したい」とコメント。モバイルアプリケーションについては「既存の事業者が提供していないような、高付加価値のアプリケーションサービスを展開したい」とし、「インテルの次の戦略は明らかにモバイルに移行しており、インテルとの連携を図り準備を進めている」と、インテルとの連携を示した。また、シームレスサービスについては「固定通信と移動体の合体を、TBSとの連携を絡めて進めて行く」と説明した。

ea09

シームレスFMCサービスの概要

 このほか、「生活エンジョイ型音声サービス」と題した携帯電話のコンセプトモデルや、ネットワークを他の事業者に貸し出すMVNO方式についても触れ、MVNO方式については「ADSL最大のホールセーラーである強みを活かして展開する」とコメント。最後に、モバイル事業への参入について「免許の条件で音声サービスも提供するが、我々が強い分野はブロードバンド」とし、「今後の携帯電話市場は、明らかに音声中心からブロードバンド中心に移行し、日本がモバイルでもブロードバンドの先進国となる境界点が今年になるだろう。我々のような、ブロードバンドだけでインフラを構築できる事業者がモバイル市場に参入することで、世界で最も安く、最も使いやすい市場に5年かけて変化させていきたい」と述べて講演を締めくくった。

ea10

生活エンジョイ型音声サービスの概要

(私見)

ハイ・パフォーマンス携帯を実際に見たことがある。「便利だなぁ」と思うけど、今の若い方たちは親指で文字を打つことに慣れているため、若者受けはしないかも。

ブロードバンドは光!といってもまだまだADSK市場は大きいことは確か。

ADSLで得たスキルを携帯事業でどう生かすのか見ものだ。

|

« イー・アクセス千本CEO、ADSLやモバイル事業の現状や展望を語る (ソノ2) | トップページ | Z会、会員向けに特化したSNS「パルティオゼット」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8454679

この記事へのトラックバック一覧です: イー・アクセス千本CEO、ADSLやモバイル事業の現状や展望を語る (ソノ3):

« イー・アクセス千本CEO、ADSLやモバイル事業の現状や展望を語る (ソノ2) | トップページ | Z会、会員向けに特化したSNS「パルティオゼット」 »