« NTT東、公衆無線LANの接続拠点を倍増 | トップページ | イー・アクセス千本CEO、ADSLやモバイル事業の現状や展望を語る (ソノ1) »

2006年2月 1日 (水)

みあこネット、共用アクセスポイントを採用した商用版サービスを開始

ネットイン京都は、公衆無線LAN「みあこネット」の商用版サービスを2月1日より開始する。料金はアクセスポイントを利用する公衆無線LAN事業者に準じる。

 みあこネットは、2002年5月に特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)によって実証実験が開始され、2005年4月1日から京都アイネットが運営を行なっていた。これまではユーザー登録のみで無料で利用できたが、今回は新たに商用利用できるサービスを開始する。

 商用版サービスでは新たに共用型無線アクセスポイントを採用し、各種無線LAN事業者のアカウントでサービスを利用できるほか、従来のVPNによる接続に加えてWeb認証が可能になる。現在はIRIコマース アンド テクノロジーの「dokoyo.jp」がサービスに対応しており、今後も対応事業者は拡大していく方針だという。料金は事業者ごと異なり、dokoyo.jpの場合は月額210円で、アクセスポイント利用事に追加料金が必要になる。

 2月1日からは叡山電鉄の出町柳駅構内で商用サービスの実証実験を開始。商用版サービスでは従来のエリアも利用可能だが、実証実験期間中はWeb認証は利用できない。従来のサービスは引き続き無料で利用できるが、今後は商用サービスの共用アクセスポイントを中心にエリアの拡大を行ない、将来的には従来エリアも商用版サービスに移行する予定という。

(私見)

無線LANサービス最近増えたなぁ・・・

ライブドアのD-CUBICとかどうなるんだろう??気になります。

ちなみに更新遅れてすみません・・・です・・・

|

« NTT東、公衆無線LANの接続拠点を倍増 | トップページ | イー・アクセス千本CEO、ADSLやモバイル事業の現状や展望を語る (ソノ1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8561071

この記事へのトラックバック一覧です: みあこネット、共用アクセスポイントを採用した商用版サービスを開始 :

« NTT東、公衆無線LANの接続拠点を倍増 | トップページ | イー・アクセス千本CEO、ADSLやモバイル事業の現状や展望を語る (ソノ1) »