« 三菱東京UFJとDeNA、ネット決済で提携 | トップページ | 総務省の電気通信の競争評価。IP電話の利用番号数が1,000万件を突破 »

2006年2月10日 (金)

サイバーの10―12月期、最終利益4.3倍

インターネット広告のサイバーエージェントが9日発表した2005年10―12月期連結業績は、最終利益が前年同期比4.3倍の24億9000万円だった。

主力のネット広告事業が好調だったほか電子商取引(EC)や金融関連事業も伸びた。前年同期に新規事業の立ち上げ関連費用を計上していた反動もあり、増益幅が拡大した。

 売上高は55%増の132億7500万円。検索キーワードに連動した広告を掲載するサービスが好調だったほか、ポータル(玄関)サイトなど大型媒体の広告枠販売も堅調だった。子会社のネットプライスを軸としたEC事業も伸びた。EC事業の物販の売上高は58%増えた。

 未公開企業などを対象にした投資事業の収益も寄与した。

(私見)

前年同期比4.3倍

サイバーエージェント株に飛びついていた方、おめでとうございます

ちなみにサイバーエージェント社長(藤田晋)のブログ結構面白くて勉強になります。

|

« 三菱東京UFJとDeNA、ネット決済で提携 | トップページ | 総務省の電気通信の競争評価。IP電話の利用番号数が1,000万件を突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8596225

この記事へのトラックバック一覧です: サイバーの10―12月期、最終利益4.3倍:

« 三菱東京UFJとDeNA、ネット決済で提携 | トップページ | 総務省の電気通信の競争評価。IP電話の利用番号数が1,000万件を突破 »