トップページ | 三井物産など、仮想移動体通信事業者の参入支援で新会社 »

2006年1月 4日 (水)

ソフトバンク、WiMAX推進で専門部署設立

ソフトバンクは高速無線通信技術「WiMAX(ワイマックス)」を推進する専門部署を設立する。                               
携帯電話事業を進める子会社BBモバイル(東京・港)にWiMAX推進準備室を1日付で設ける。

室長に筒井多圭志…ADSL(非対称デジタル加入者線)サービスの国内導入を推進したソフトバンクBB最高技術責任者(CTO)
                                                                                                                   

実用化に向けた研究開発を手がけ、総務省に周波数の割り当てを求めてい く。

BBモバイルは,準備室の創設で技術面の優位性をアピールする狙いもあると見られる。

(予備知識)

WiMAX…インテルなどが主導する無線規格で、通信速度は最大毎秒75メガ(メガは100万)ビット。                              将来はノート型パソコンに標準搭載する計画もある。              

ソフトバンクは昨年10月、携帯電話とWiMAX、無線LAN(構内情報通信網)の電波を切り替えながら通信を続ける実験に成功したと発表している。

なおBBモバイルと同じく携帯電話事業に新規参入するイー・アクセスは,2005年11月に「WiMAX推進室」を設立済みである

|

トップページ | 三井物産など、仮想移動体通信事業者の参入支援で新会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8203055

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク、WiMAX推進で専門部署設立:

トップページ | 三井物産など、仮想移動体通信事業者の参入支援で新会社 »