« 米ヤフー、TVでネット利用――パソコンと接続して新サービス | トップページ | 矢野経済研、インターネット接続市場の金額成長率は2010年で横ばいに »

2006年1月 9日 (月)

ネット配信の規格統一へ 総務省など実証実験

テレビ番組などの映像作品を光ファイバーを通じてネット配信する際の技術的な規格の統一に、総務省が乗り出す。

テレビ局や電機メーカーと協力して、専用受信機を光回線につないでテレビで楽しむサービスの実証実験を月内に始める。テレビ放映時に見逃した番組などを、見たいときに楽しむことができる。

専用受信機を使う映像配信事業は、すでにインターネット関連サービス会社などが始めている。ただ、画像データの処理方式などがばらばらで、受信機の互換性がないのが現状。規格が統一されれば、1台の受信機で各社のサービスが楽しめるようになる。

さらに総務省は、作品のコピーをめぐり著作権保護に必要な規格もまとめる。作品ごとに「録画不可」「1回だけ録画可」「1週間は見放題」などの管理用データを付ける案が出ている。テレビ番組のネット配信には出演者らの著作権処理の課題もあるが、総務省は「権利者がネット配信に応じやすい仕組みにしたい」としている。

|

« 米ヤフー、TVでネット利用――パソコンと接続して新サービス | トップページ | 矢野経済研、インターネット接続市場の金額成長率は2010年で横ばいに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8203863

この記事へのトラックバック一覧です: ネット配信の規格統一へ 総務省など実証実験:

« 米ヤフー、TVでネット利用――パソコンと接続して新サービス | トップページ | 矢野経済研、インターネット接続市場の金額成長率は2010年で横ばいに »