« USEN、携帯電話向けに有線放送番組を無料配信 | トップページ | BIGLOBE、企業向けに検疫ネットワークサービスを提供 »

2006年1月17日 (火)

NTT西、ひかり電話対応機器「AD-200SE」で無線LAN電話機の利用が可能に

NTT西日本は、ひかり電話対応機器「AD-200SE」の新ファームウェアを公開した。電源オンオフ操作などにより、ファームウェアを更新できる。

 今回公開されたファームウェアは、「Version 02.03」。AD-200SEに接続した「フレッツフォン VP1000」などとのIP電話端末間、もしくはIP電話端末とアナログ電話端末間で内線通知機能と内線転送機能の利用が可能になった。

 また、NTT西日本がレンタル提供する無線LANカード「SC-32SE」を本体に装着することで、IEEE 802.11bに準拠した「ひかりパーソナルフォン WI-100HC」の利用にも対応する。このほか、キャッチホン利用時などに保留相手の聞かせる保留音が「Green Sleeves」へと変更された。

(私見)

一応NTTHP内に載っているのでそちらもご参考までにどうぞ~

NTTHP内のひかり電話対応機器「AD-200SE」

|

« USEN、携帯電話向けに有線放送番組を無料配信 | トップページ | BIGLOBE、企業向けに検疫ネットワークサービスを提供 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8295173

この記事へのトラックバック一覧です: NTT西、ひかり電話対応機器「AD-200SE」で無線LAN電話機の利用が可能に :

« USEN、携帯電話向けに有線放送番組を無料配信 | トップページ | BIGLOBE、企業向けに検疫ネットワークサービスを提供 »