« NTT Com,IPv6網と電子タグを活用した児童見守りサービスの実証実験を2月開始 | トップページ | ネットユーザーの60%が「コンテンツは無料と有料の並存を望む」 »

2006年1月30日 (月)

口コミを統計グラフ化--kizasiから生まれた「ブログクチコミサーチ」

 ブログ上で話題になっているキーワードのランキングを紹介する「kizasi.jp」を運営するシーエーシー(CAC)は、あるキーワードがブログ上でどのように話題になっているかを時系列にグラフ化して表示するサービス「ブログクチコミサーチ」のベータ版を1月30日より公開する。
自社の商品の反響が知りたいマーケティング担当者などをターゲットとする。

 ブログクチコミサーチは、kizasi.jpのブログ検索エンジンを利用する。ユーザーが選んだ任意のキーワードについて、ブログ上でどの程度話題になっているかという出現量と、どんな言葉と一緒に語られているかという関連語のランキングを時系列に表示する。たとえば下の画面の場合、「カレー」よりも「ラーメン」のほうがブログで語られることが多く、なかでも「麺」や「スープ」についての記述が多いことが分かる。

ブログクチコミサーチはkizasi.jpと同様に1日10~15万件のブログのエントリを収集しており、データは10分おきに更新されるという。なお、ブログデータの収集を開始したのが2005年3月31日からのため、それ以前のデータはない。

 kizasi.jpでもユーザーが任意のキーワードの話題性を調べることはできたが、ブログクチコミサーチの場合はそのキーワードが出現するブログの数が表示され、2つのキーワードの話題性を比較できる点が特徴だ。期間指定は日単位、週単位ででき、月単位の推移も今後見られるようにしていくという。

 関連語のランキングは名詞、形容詞、動詞別に見られる。これにより、名詞を見てキーワードが語られた文脈がわかるほか、形容詞によってそのキーワードがどういった評判なのかといったことも分かるようになる。また、2つのキーワードの関連語を比較することも可能だ。関連語をクリックすると、そのキーワードが登場するブログの一覧が表示される。

 CACでは「自社の商品やキャンペーンの反響を見たい宣伝・広告担当者のほか、メディアの企画担当者など、さまざまな人に利用して欲しい」と話している。利用にはユーザー登録が必要。料金は無料となっている。

 CACは今後、企業向けにカスタマイズ版を提供するほか、企業内の情報システムと連携させるといったことを考えているという。kizasi.jpへの広告掲載、ランキング自体のコンテンツ提供などと合わせて2007年度までに10億円の売上を目標としている。

(私見)

おぉ~なんか面白そうだな。

しかも色々と世の中の関心を知るといった意味では使えそう。

|

« NTT Com,IPv6網と電子タグを活用した児童見守りサービスの実証実験を2月開始 | トップページ | ネットユーザーの60%が「コンテンツは無料と有料の並存を望む」 »

コメント

http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20090516,00.htm

形態素解析で自然言語をほどほどに分解・意味づけできれば、「名詞(単名詞<固有名詞<複合名詞)=対象」「形容詞+述部=イメージ、ポジティブ/ネガティブ」が把握でき、マーケティングの重要なツールになりそう。

投稿: maruyama hitoshi | 2006年1月31日 (火) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8420773

この記事へのトラックバック一覧です: 口コミを統計グラフ化--kizasiから生まれた「ブログクチコミサーチ」:

» ブログクチコミサーチ [Office-けやき]
ブログで話題になっているキーワードの動きを時系列でグラフ表示するシステムがCAC [続きを読む]

受信: 2006年1月30日 (月) 22時47分

« NTT Com,IPv6網と電子タグを活用した児童見守りサービスの実証実験を2月開始 | トップページ | ネットユーザーの60%が「コンテンツは無料と有料の並存を望む」 »