« 【第6回ファイバーオプティクス EXPO】ケイ・オプティコム、将来はギガビットを示すため1Gbpsサービスを開始 | トップページ | NTT社長会見、「12月の光アクセス純増数は過去最高の数値に」 »

2006年1月20日 (金)

【第6回ファイバーオプティクス EXPO】東京電力、KDDIとの提携で携帯電話などのユーザーにもサービスを訴求

東京電力の田代氏は冒頭、電気事業の事業規模の推移からFTTH事業を開始するまでの経緯を説明した。田代氏は「電気は貯めることができないものなので、系統の指令を無線や衛星、光ファイバ網を利用して細かく指示を出している」と述べ、「このなかで最も使用しているのが光ファイバ網であり、変電所などに敷設した光ファイバをユーザー宅に引き込んでサービスを提供している」と語った。

tokyodenryoku

東京電力の田代氏

 また、戸建て向けには占有型で最大100Mbpsのサービスを展開している。この点に関して田代氏は、東京都千代田区の場合で500m間隔で変電所を設置している例を挙げ、「ネットワーク構成の考え方に違いがあり、スター型でサービスを提供しても利益があがると考えている」と述べた。

tokyoudennryoku1

TEPCOひかりのネットワーク構成

 TEPCOひかりではまた、コンテンツにも力を入れる考えから吉本興業とキャスティを共同で設立。「吉本興業さんは制作会社の最大手であり、権利処理のノウハウなどを持っている」と田代氏は述べ、「今後も光ならではのコンテンツアプリケーションを作っていく」とした。

 田代氏は高速PLCに関しても言及し、「今年の秋から規制緩和の議論がスタートすると思う」とコメント。「どうなるかはわからないが、まずは宅内のソリューションとして活用が考えられる」とした。付け加えて、「個人的な意見としては、市場に出すことで改善点がわかることもあり、そこからより良いサービスにする考え方もある」と語り、「最初は実験サービスになるのではないか」と述べた。

 東京電力とKDDIとの提携に関しては、「FMCにエネルギーをバンドルして、FMCプラスEという形でソリューション提供できないかというのが大きな流れになっている」とし、「中身に関しては今後定めていく予定だと聞いている」と語った。その上で田代氏は、「TEPCOひかりの良さをさらにのばして、携帯電話など今までリーチできなかったユーザーに対しても訴求を目指していきたい」とした。

tokyoudenryoku2

TEPCOひかりのネットワーク構成

(私見)

おぉぉ・・・TEPCOひかりに決めたのはプロバイダーが選べて回線速度もナンバー1♪のTEPCOさん。

TEPCOにはこんな話があったそうで。。。

さて、そもそも何故、東京電力 TEPCOひかり なのか

|

« 【第6回ファイバーオプティクス EXPO】ケイ・オプティコム、将来はギガビットを示すため1Gbpsサービスを開始 | トップページ | NTT社長会見、「12月の光アクセス純増数は過去最高の数値に」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155760/8247746

この記事へのトラックバック一覧です: 【第6回ファイバーオプティクス EXPO】東京電力、KDDIとの提携で携帯電話などのユーザーにもサービスを訴求:

« 【第6回ファイバーオプティクス EXPO】ケイ・オプティコム、将来はギガビットを示すため1Gbpsサービスを開始 | トップページ | NTT社長会見、「12月の光アクセス純増数は過去最高の数値に」 »